ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
アイスバケツチャレンジ(IBC)グラント研究報告会
・まっしゃーさんよりご提供いただいた情報です。

・11月19日日曜日、12:30-16:30、中央大学駿河台記念館610教室において、IBCグラント研究報告会が開催予定です。
・ネット中継もされるとのことです。詳細は以下ご参照ください
http://alsjapan.org/2017/10/20/post-1350/

・まっしゃーさん、ありがとうございました。
iPS細胞で神経の束を作成
・かきのたねさんからご提供いただいた情報です

・東大の研究グループがiPS細胞を用いて、運動神経が束状になった組織の作成に成功しました
引用元
https://www.jiji.com/sp/article?k=2017102700069&g=soc・今後薬の開発にもつなげたいとのことです。

・かきのたねさん、ありがとうございました
ゲノム編集技術の進展
・ALS Research Forumの10月27日付記事からです

▽CRISPR-Cas9遺伝子編集システムは、ヒト遺伝子をこれまで以上に迅速かつ正確に恒久的に変化させることを可能にしました。

▽DNAの代わりにRNAをターゲットとして、一時的に遺伝子情報を変化させることについてはどうでしょうか?

▽今回、10月25日付のScience誌に公表されたMITとハーバードの研究者らの研究結果により、CRISPRシステムに改変を加えることで、このことが可能になりました。

▽REPAIRと名づけられた技術により、選択的なRNA配列のアデノシンをイノシンに置換することが可能となりました。

▽研究者らはこの技術を用いて、家族性ALSの細胞モデルを用いて、RNAの修復を行うことができることを示しました。DNAに恒久的な変化をもたらす手法においては、選択性が完全ではない場合に、ターゲットではない部分の遺伝子編集が行われ、危険が生じる可能性がありますが、RNAをターゲットとすることで、効果が可逆性となることから、安全性が高いことが期待されています。現在、修復の効率や選択性を高める工夫がなされています。

引用元
http://www.alsresearchforum.org/scientists-unleash-crispr-on-rna/
コロンビア大学の研究者らがfacebook創始者の資金援助を得て全脊髄細胞の遺伝子発現アトラス作成へ
・ALS NEWS TODAYの10月20日付記事からです

▽コロンビア大学の研究者らは、脊髄の全細胞の遺伝子発現アトラス作成に対して、Facebookの創始者であるZuckerbergの助成金を獲得したことを公表しました。具体的な資金額は公表されていません。

▽脊髄においては多くの細胞が機能していますが、各々が病態に果たす役割はよくわかっていません。

▽このアトラスにより、脊髄損傷やALSなどの病態において、各細胞がどのような役割を果たしているかなどの病態解明につながることが期待されます。研究結果は無料で全世界に公表される予定です。

▽コロンビア大学の研究者らはPrecision Medicine(個別化医療)の促進にも関与しており、今後さらに病態解明につながることが期待されます。

▽Zuckerbergらの財団は今後10年間で疾病治療などに3000億円規模の投資を行う予定です

引用元
https://alsnewstoday.com/2017/10/20/als-research-to-benefit-from-facebook-founder-funded-atlas-of-spinal-cord-cells/
アストロサイトの神経保護状態はEphB1シグナル経路により誘導されるが、ALSモデルでは障害されている
▽アストロサイトの神経障害に対する反応は、状況によって神経保護的であったり神経障害的であったしたりしますが、これらの状態を決定するメカニズムはよくわかっていません。

▽今回、研究者らは、傷害を受けた運動神経細胞においては、B型エフリン受容体1(EphB1)が発現亢進しており、エフリンB1を介したシグナル伝達と、STAT3の活性化がアストロサイトを活性化させることを明らかにしました

▽転写解析により、EphB1は神経保護的、抗炎症性のアストロサイト活性化をもたらすことがわかり、この作用はSTAT3ネットワークを介していることがわかりました。

▽この反応はIL-6を介した炎症促進過程とは異なる反応であることがわかりました。また、EphB1-エフリンB1経路がALS患者由来の幹細胞から分化させたアストロサイトや、ALS動物モデルのアストロサイトにおいては、障害されていることがわかりました

▽今回の結果は、神経細胞がアストロサイトを神経保護的に活性化するヘルプシグナルを明らかにするのみならず、ALSにおいてこのシグナル経路が障害されていることから、今後の治療ターゲットとして有望な可能性があります

(この研究は、イギリス、University of CambridgeのTyzackらにより報告され、平成29年10月27日付のNature Communications誌に掲載されました)
新規臨床試験情報(腸内細菌と善玉菌サプリメントLLC)
・アメリカでの新規臨床試験です。ALSにおける腸内細菌とサプリメント(善玉菌)であるLLCの臨床試験が行われます

・オープン試験であり、15名を対象に6ヶ月間で有効性、安全性が検証される予定です

引用元
https://clinicaltrials.gov/show/NCT03324399
ALSにおけるネット上の新規リソース
・ALS NEWS TODAYの10月24日付Dagmar Munn氏によるコラムです。Dagmar氏が最近みつけた新たなALSに関するネット上のリソースについての紹介です。
・アメリカでの田辺三菱製薬のサイトも紹介してあります。日本でも同社がALSステーションという情報サイトを運営しています。ALS最前線などの記事もあり、徐々に充実してきています。以下です
http://als-station.jp/index.html

アメリカのサイトはこちら(http://alspathways.com/)となります。

▽Dagmar氏自身ブログを運営しており、ALSに関する記事を掲載しています。英語ですが、ストレスマネジメントやユーモアに関する記事などがあります(英語です)
http://alsandwellness.blogspot.jp/

▽アメリカALS協会のスタッフであったKim Hughes氏が今年8月に開設したサイトYour ALS guideが紹介されていました(英語です)
http://www.youralsguide.com/

引用元
https://alsnewstoday.com/2017/10/24/als-online-resources-high-marks/
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.