ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201703
運動野への幹細胞移植
・症例報告ですが、平成28年4月15日付のCYTOTHERAPY誌に、自家幹細胞を前頭葉運動皮質に直接移植し、移植6ヵ月後にMRI拡散テンソル画像において皮質構造の改善を認めた報告がありました

・幹細胞を脳実質に投与するという治療戦略はこれまでほとんど(中国で1つあったようですが)なかっただけに、今後の展開が注目されます。

引用元
http://www.celltherapyjournal.org/article/S1465-3249(16)30323-1/abstract

以下現在までに米国国立医学図書館の臨床試験データベース(clinicaltrials.gov)にエントリーされているALSに対する幹細胞移植の臨床試験一覧です


・イタリア(Azienda Ospedaliera Santa Maria):第1相試験 胎児由来ヒト神経幹細胞の腰髄へのmicroinjection 2012年エントリー 試験終了
・スペイン(Hospital Universitario Virgen de la Arrixaca):第1/2相試験 自家骨髄幹細胞の髄腔内ないし脊髄内(椎弓切除術を伴う)投与 2010年エントリー 
・アメリカ(Neuralstem社:NSI-566):第2相試験:ヒト胎児由来脊髄神経幹細胞の脊髄内(椎弓切除術を伴う)投与: 2012年エントリー 試験終了
・中国(General Hospital of Chinese Armed Police Forces ):第2相試験:ヒト臍帯血由来間葉系幹細胞の髄腔内移植: 2011年エントリー 招待患者をエントリー中
・メキシコ(Servicio Hematología Hospital Universitario):第2/3相試験:自家造血幹細胞の髄腔内投与:2012年エントリー 試験終了 https://clinicaltrials.gov/ct2/show/NCT01933321?term=amyotrophic+stem+cell&rank=5
・イラン(Alzahra Hospital):第1/2相試験:自家間葉系幹細胞の脊髄内投与:2014年エントリー 試験中止(お金がないため)
・中国(China Medical University Hospital ):第1相試験:自家脂肪組織由来幹細胞の髄腔内および脳内投与(Compassionate Use):2015年エントリー 試験終了
・ポーランド(Pomeranian Medical University Szczecin ):第1相試験:自家骨髄由来幹細胞の髄腔内投与:2014年エントリー 招待患者をエントリー中
・アメリカ(Mayo clinic):第1相試験:自家間葉系幹細胞の髄腔内投与 2012年エントリー 募集終了し進行中
・韓国(Hanyang University Seoul Hospital ):第1相試験:HLAハプロタイプのマッチした骨髄幹細胞の髄腔内移植 2012年エントリー 状態不詳
・イラン(Royan Institute):第1相試験:同種脂肪組織由来間葉系幹細胞の静脈内投与 2015年エントリー 募集中
・インド(Neurogen brain and spine institute):第1相試験:自家骨髄由来単核細胞移植(髄腔内投与および筋注) 2014年エントリー 募集中
・インド(Neurogen brain and spine institute):第2相試験:自家骨髄由来単核細胞移植(髄腔内投与および筋注)2013年エントリー 試験終了
・韓国(Hanyang University Hospital):第1/2相試験: 自家骨髄由来幹細胞移植(髄腔内投与) 2011年エントリー 試験終了
・アメリカ(TCA Cellular Therapy):第1相試験:自家骨髄由来幹細胞の髄腔内投与 2010年エントリー 資金不足により延期中
・スペイン(Clinical Universitary Hospital Virgen de la Arrixaca):第1相試験 自家骨髄単核細胞筋注の有効性 2014年エントリー 募集中
・アメリカ(Q Therapeutics):第1/2相試験 Q cell(ヒトグリア前駆細胞)の脊髄内(椎弓切除術を伴う)投与 2015年エントリー 募集開始前
・イラン(Royan Institute):第1相試験 自家骨髄由来間葉系幹細胞の脳室内投与 2012年エントリー 試験中止(脳室内投与の際の固定術による呼吸不全リスクにより中止)
・イラン(Royan Institute):第1相試験 自家骨髄由来間葉系幹細胞の静脈内投与 2012年エントリー 試験終了
・イラン(Royan Institure):第1相試験 自家骨髄由来間葉系幹細胞の髄腔内投与 2013年エントリー 試験終了
・イスラエル(Hadassah Medical Organization:Brainstorm社のNurOwn細胞):第2相試験 自家骨髄間葉系幹細胞の髄腔内投与 2012年エントリー 試験終了
・アメリカ(Massachusetts General Hospital:Braistorm社のNurOwn細胞);第2相試験 自家骨髄間葉系幹細胞の髄腔内投与 2013年エントリー 募集終了し進行中
・スペイン(Hospital Regional Universitario Reina Sofía):第1/2相試験 自家脂肪組織由来間葉系幹細胞の静脈内投与 2014年エントリー 募集中

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.