ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201703
AB Science社がMasitinibの第3相試験の良好な中間結果を報告
・ALS NEWS TODAYの4月7日付記事からです

▽AB Science社はmasitinibの第2/3相臨床試験の中間結果を公表しました。

▽masitinibはチロシンキナーゼ阻害薬であり、細胞内伝達経路に関与するチロシンキナーゼを阻害します。

▽中枢神経の炎症性疾患において、この経路の阻害が治療的に作用することが基礎実験で確認されています。masitinibは肥満細胞とマクロファージをターゲットとし、過剰な免疫反応抑制により治療的効果が期待されている薬剤です。

▽今回の中間結果の報告は、191名の患者(予定登録者数の50%)が48週間の治療期間を終えたことで報告されたものです

▽主尺度はALSFRS-Rの変化量ですが、これが中間結果では統計的有意差(p<0.01)をもって、プラセボ群よりも有意に良好であることを示唆する結果が得られたとのことです。努力性肺活量などの二次尺度についても統計的有意差が得られているようです

▽最終的な結果は2017年中にも予定されており、良好な結果が期待されます

引用元
https://alsnewstoday.com/2016/04/07/ab-science-reports-positive-interim-results-phase-3-trial-masitinib-als-therapy/
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.