ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
G-CSFのALSに対する第2/3相臨床試験(過去情報です)
・2015年のJournal of Clinical Neurology誌に掲載された、イランで行われたALSに対するG-CSF(顆粒球コロニー刺激因子)の有効性に関する第2/3相臨床試験の結果です。

▽40名の患者が無作為にG-CSF皮下注群(5ug/kg/12h)ないしプラセボに割付られ、5日間投与されました。その後3ヶ月間経過観察され、症状変化が比較されました。

▽その結果、ALSFRS-Rの変化や筋力変化などについては両群間で統計的有意差を認めませんでした。女性に関しては、G-CSF投与群の方が、ALSFRS-Rの変化量がプラセボ群よりも大きい結果となりました

▽以上の結果により、G-CSF投与の有効性は支持されず、女性においてはむしろ悪化させる可能性を示唆するものとなりました。

引用元
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4387482/
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.