ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
クレアチン一水和物のALSに対する有効性(過去情報です)
・2008年にAmyotrophic Lateral Sclerosis誌に掲載されたクレアチンのALS対する有効性に関する第3相臨床試験の結果です

▽発症5年未満のALS患者107名が参加しました。無作為にクレアチン一水和物5g/日ないしプラセボ投与群に割付されました。

▽9ヶ月間経過が観察されました。その結果、クレアチンは運動機能、呼吸機能においてプラセボと比較して有意な効果はみられませんでした。

▽生存期間については有意差はありませんでしたが、クレアチン投与群で良好な傾向がみられました。

▽結論として、クレアチン5g/dayは、9ヶ月間で明らかな効果を認めませんでしたが、生存期間については良好な傾向がみられ、さらなる検証が必要です。
→2012年のメタ解析(http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/14651858.CD005225.pub3/abstract)により、クレアチンの生存期間延長効果は支持されない結果となっています。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.