ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
運動とALSリスクについて
▽これまでのALSと運動との関連についての疫学的研究は、後ろ向きの症例対照研究しかなく、前向きのコホート研究はありませんでした。今回、研究者らは運動量とALS関連死リスクとの関連性を前向きに観察しました。

▽ヨーロッパの合計47万名以上の参加者が解析対象となりました。うち219名がALS関連死として同定されました。

▽運動量はCambridge Physical Activity Index (CPAI)を用いて定量化されました。その結果、運動量の多い群は、ALS関連死が33%低下(p=0.042)することが明らかになりました。この結果は年齢や性別、喫煙、教育、体格などの交絡因子の影響を受けませんでした。

▽過去の症例対照研究で報告された、運動量の増加とALS発症リスクの増加の関連性は、今回の前向きコホート研究からは支持されず、むしろやや減少する結果となりました。

引用元
http://http://link.springer.com/article/10.1007%2Fs10654-016-0119-9
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.