ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
熱ショック反応がTDP-43除去に重要な役割を果たす
▽ユビキチン化された過剰リン酸化TDP-43の細胞質内封入体の存在は、ALSのおよそ95%、前頭側頭型認知症のおよそ60%にみられる病態です。

▽研究者らは、不溶性TDP-43の除去における、熱ショック反応の役割を、モデルマウスやヒトALS患者由来組織などにおいて調べました。

▽熱ショック反応は、ストレス誘発性の細胞保護メカニズムであり、転写因子であるHSF1(heat shock factor 1)により制御されており、HSF1は、損傷を受け折り畳み異常を起こした蛋白質の正常化を促進したり、排除したりするシャペロンの発現を増加させます

▽活性型HSF1の発現を増加させ、熱ショック反応を亢進させたところ、不溶性の過剰リン酸化TDP-43が劇的に減少しました。また機能阻害型変異を有するHSF1の発現は、TDP-43凝集増加と過剰リン酸化の亢進をもたらしました

▽様々な熱ショック蛋白質の発現を亢進させて、TDP-43排泄に関与するシャペロンを調べたところ、DNAJB2a(HSJ1aとしても知られる)が、TDP-43の凝集阻害作用を有する可能性のあるシャペロンであることがわかりました。

▽DNAJB2aはHSP70との相互作用部位を有し、HSP70の作用蛋白質の除去に関わると考えられます。TDP-43は、DNAJB2aにより可溶性の状態を維持し、DNAJB2aは、細胞内TDP-43濃度を一定に保つ役割を有することを示唆する結果がえられました

▽ALSモデルマウスの神経細胞においては、HSF1と熱ショック蛋白質量が有意に減少していることがわかりました。このことは、ALSにおいてはHSF1を介するDNAJB2a/HSP70熱ショック反応経路が障害されていることを示唆するものです

▽以上の結果は、不溶性TDP-43の病的な凝集は、HSF1/HSP経路の活性化により減少させることができる可能性を示唆するものであり、今後の治療法開発において新たな視点を提供するものです。

(この研究はイギリス、King's College LondonのChenらにより報告され、平成28年3月1日付のBrain誌に掲載されました)
引用元
http://brain.oxfordjournals.org/content/early/2016/02/29/brain.aww028.long
スポンサーサイト
コメント
コメント
hideさんを含め皆さんに相談
ご無沙汰しております。
久しぶりの投稿です。
父がALSを発症して一年3ヶ月の去年の7月に急に悪化し、今は日中ベットの上でバイパップ装着となりました。
入院先の名古屋市立大病院ではバイパップを装着しても余命1カ月と言われ、地獄のような毎日で介護を始めましたが、おかげさまで今もいてくれています。
そんな中来月、患者申出療養せいどが始まりますが、父に試させてあげられるものはありますでしょうか?
一時は試させてあげることさえ諦めしたが、やっぱりなんとかしてあげたいです。
何が何でもまもりたいです。
父は切開をしないと決めております。
ラジカットをさせてあげたいですが、1クール目の入院は現状難しいですし、吉野医院から実費でよければと言われましたがかかりつけ医が混合治療法はダメといいます。
なんでも構いません。
どうかお力添えをお願いします。
2016/03/08(火) 13:44:54 | URL | k #ja082R02 [ 編集 ]
Re: hideさんを含め皆さんに相談
>kさん

患者申出療養制度については、当ブログでも皆様の御意見をいただきながら、何らかの記事にしたいと思っています
御質問にうまくお答えできるかわかりませんが、少しお時間ください
2016/03/09(水) 00:05:20 | URL | HIDE #- [ 編集 ]
RE:hideさんを含め皆さんに相談
kさん

入院が難しいのはなぜですか。
患者申出療養は、臨床研究のため、検査を含めた入院は必ずしないといけないと思われます。
2016/03/10(木) 22:05:01 | URL | かなくん #- [ 編集 ]
遅れてしまいました…
hideさん、かなくんさんありがとうございます。
父が入院が難しいのは、まずバイパップのマスクをきちんとつけられる人が非常に少ないことです。父は顔の向きが左にぺたりと枕につかないと呼吸が苦しく、その向きでマスクをつけることが、皆さんにとって難しいようで、退院してね半年経っても、訪問看護の方もできかねており、私たち家族の手助けがないといけないことが多々あります。前回入院した際に、非常に粗末に扱われ、精神的にも肉体的にも傷つくことが多かったです。なので、そんな環境のなかで父を病院に任せることが心配でならないということです。
態勢が本当に態勢が整っていれば、かんがえが変わるのかもしれませんが…。
2016/03/15(火) 22:29:36 | URL | k #ja082R02 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.