ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
MediciNova社のMN-166の臨床試験結果の公表について
・ALS NEWS TODAYの2月24日付記事からです。少し先の話になります

▽現在60名のALS患者を対象に、第1b/2a相臨床試験が行われているMN-166(ibudilast)ですが、4月15日-21日まで開催されるアメリカ神経学会において、臨床試験のデータが公表されることが明らかになりました。良好な結果が期待されます。

▽MN-166は日本では商品名ケタスとして、脳梗塞後遺症に保険適応のある薬剤であり、神経保護作用によりALSに対する治療的効果が期待されています。

引用元
https://alsnewstoday.com/2016/02/24/medicinova-announces-mn-166-ibudilast-als-abstract-accepted-for-dual-presentation-at-the-american-academy-of-neurology-aan-68th-annual-meeting-in-vancouver-canada/
スポンサーサイト
コメント
コメント
遺伝子治療
遺伝子治療研究所に電話して、以下の件について聞きました。浅井社長が応対していただきました。

Q1:4月から、患者申出療養制度が始まるが、私が申出しでしたら、自治医大で遺伝子治療は受けれるのか?
A1:現段階ではできない。現在前臨床試験の準備中、今年中に開始予定。それが終われば、臨床試験実施をPMDAへ申請(2017年予定)、申請が認められれば、臨床試験の開始。その時点で患者申出療養制度に対応できる可能性あり。

Q2:親会社のジオネクストが遺伝子治療研究所の全株式を浅井社長に売却したが、研究への影響は?
A2:ない。研究費は既に確保している。ただ、寄付はありがたい。

http://www.geo-nx.com/images/stories/ir/2016/20160219_2gn.pdf

Q3:治験の参加条件は?
A3:決まっていない。PMDAと相談のうえ、決める。

以上
2016/02/26(金) 13:16:04 | URL | かなくん #- [ 編集 ]
有益な情報をありがとうございます
かなくんさん

遺伝子治療研究所への確認、ありがとうございます。
かなくんさんの情報に基づいて我々に出来ることをやりませんか?
患者申出療養制度で2017年中に遺伝子治療を受けられるように。
2016/02/26(金) 19:56:25 | URL | いのべた #- [ 編集 ]
>かなくんさん
情報ありがとうございます。
今度こそ、希望をもって良いのでしょうかね?

>かなくんさん
私も何か力になりたいです。
やはり、資金集めによって円滑に進むのでしょうか?
2017年度中に治療、私も懇願します。
2016/02/27(土) 12:13:40 | URL | かきのたね #- [ 編集 ]
あくまでも私の意見ですが、
資金面で事を動かすには我々の力だけでは難しい気がします。
篤志家の方や企業のご協力があるなら別ですが。

やはり、多くの患者の声を行政に届けること、社会の関心を高めること、これらが重要ではないでしょうか。
こういったことに賛同して頂ける患者さんが少ないことが課題ではありますが。。。
ALS協会などが音頭を取って行政に訴えてくれるといいのですが、これもいつものことながら中々難しいでしょう。

どうすべきやら…
2016/02/27(土) 22:46:30 | URL | いのべた #- [ 編集 ]
Re: 遺伝子治療
>かなくん さん

情報ありがとうございます。
皆さんの御意見もありますので、また記事としてまとめさせていただきます
2016/02/29(月) 23:40:38 | URL | HIDE #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.