ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
CuATSMについて
・当ブログ1月30日付の記事にて御紹介したCopper-ATSMの臨床試験の予定です

・先日SOD1変異ALSモデルマウスにおいて劇的な生存期間延長効果が報告されたCuATSMですが、早くもオーストラリアにおいて今年の4月から、孤発性および家族性ALS患者30-50名を対象とした第1相臨床試験が開始予定とのことです。

・この臨床試験では28日間CuATSMが投与される予定です。

・迅速な臨床試験開始に驚きますが、良好な結果が期待されます

引用元
http://www.alzforum.org/news/research-news/copper-rescue-als-mice
スポンサーサイト
コメント
コメント
無題
ヒデさん、いつも丁寧なコメントありがとうございます!Retigabineは、購入可能なのですが、副作用などを考えて、試して見て良いと思いますか!ヒデさんの考えを聞かせてください!お願いします!
2016/02/10(水) 21:36:23 | URL | 倉持 #Vw3fgwu. [ 編集 ]
期待大です!
HIDEさん

いつもありがとうございます!
本当に2016年に何か劇的な進展の気配がします。

今回の治験のスピード感、素晴らしいですね!
試験結果以前にこの取組みに勇気をもらっています。
日本も疾患によってはチャレンジングな法整備をして頂きたいものです。

このCuATSMは期待大ですね!
慎重に試験の経緯を見守る必要はありますが…
やっぱり、期待してしまいます。
一体、どのようなメカニズムになっているのか、
HIDEさん、何か情報が入りましたら教えてください。
宜しくお願い致します。

日本の遺伝子治療などはもっとスピードアップして臨床応用に繋げて欲しいです。
2016/02/10(水) 22:18:02 | URL | いのべた #- [ 編集 ]
Re: 期待大です!
>いのべたさん

そうですね。基礎研究での結果から臨床試験の開始まで非常に早く、いかに関係者の取り組みが熱心かがわかります。
良い結果を期待したいですね。
またメカニズムについては、英文があるようですので、後日まとめてみますね。
2016/02/10(水) 23:49:57 | URL | HIDE #- [ 編集 ]
Cu-ATSM臨床試験
オレゴン州立大のマウスでの驚異的な成功紹介、オーストラリアでの、早速のヒトを対象にした臨床試験開始のニュース。素早い天下ですネ。CuATSMは、抗癌剤として長年に亘り実証済み。加えてALSへの適用の場合は、薬剤の使用量が微量な由。ヒトへの臨床試験や治験も比較的認可され易いように期待します。
オーストラリアまで、出掛けての臨床試験参加は、体力・財力的に出来そうにありませんが、国内で類似の臨床や治験が始まるなら、是非参加したいです。
なお、当該する患者は妻で、昨年11/24に千葉大付属病院から、ALSの診断を受け併発した7月、10月、12月の3度の骨折もあり、千葉東病院で入院継続治療中です。
2016/02/12(金) 16:12:38 | URL | さとし #- [ 編集 ]
Re: Cu-ATSM臨床試験
>さとしさん

良好な結果を期待したいですね。
国内の臨床試験も早期に進展するといいのですが。
奥様お大事になさってください
2016/02/13(土) 23:30:53 | URL | HIDE #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.