ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
シスチンの豊富なホエイ(Whey)サプリメントはALSモデルマウスの発症遅延効果を有する
▽内因性抗酸化物質であるグルタチオン除去は神経変性疾患の増悪に関与しています。そのため、グルタチオン濃度を増加させることはALSに対して治療的であると考えられています

▽研究者らは、今回、ホエイ蛋白質のサプリメントであるImmunocalのALSモデルマウスに対する効果を検証しました

▽Immunocalはグルタチオン前駆体であるシスチンが豊富であり、グルタチオン濃度を増加させることが期待されています。

▽Immunocalを投与されたモデルマウスは、有意な発症遅延を示し、握力低下の遅延などをもたらし、脊髄中のグルタチオン濃度の減少を防ぎました

▽しかし、Immunocalは生存期間延長効果は示しませんでした。おそらくは、脊髄中のミトコンドリア中のグルタチオン濃度保持には寄与しないことが原因と思われました。

▽Immunocalとリルゾールを同時投与した結果、モデルマウスにおいて発症遅延と生存期間延長効果がみられました。

▽モデルマウスにおいてはImmunocalは軽度の発症遅延効果と筋力低下遅延作用を発揮するものの、単独では生存期間の延長には寄与しないことがわかりました。

(この研究はアメリカ、 University of DenverのRossらにより報告され、平成27年12月12日付のAntioxidants誌に掲載されました)
http://www.mdpi.com/2076-3921/3/4/843
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.