ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
ALS原因分解タンパク質発見 京大
・かなくん さんより御提供いただいた話題です

・京都大学の研究グループより、折り畳み異常を起こしたTDP-43の断片化と排泄に関与する蛋白質の発見のニュースです

元記事
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2015/160111_1.html

http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2015/documents/160111_1/01.pdf

・新たな治療法開発につながることが期待されます

・かなくんさん、ありがとうございました。
スポンサーサイト
コメント
コメント
いつもありがとうございます。
ついに来ましたね。
このまま、治療薬の確立まで突き進んでいただきたいですね。

病気は薬で治る、もしくはこれ以上異常タンパクが出ないように抑え続けて行けるようになったとして、すでに動かせなくなってしまった部位は復活できるのでしょうか?
HALに頼るとか、運動神経細胞や筋肉組織をiPS細胞で作り出して移植するしかないのでしょうかね?
治ってくれる期待と共に、治ったところで、その時に動けなくなっていたら、そのままなのかなぁと不安が出てきてしまいます。最近調子が悪くなってきているので後ろ向きに考えてしまいます。やれやれ
2016/01/14(木) 13:13:28 | URL | らららん #- [ 編集 ]
確かに期待大ですね!
異常TDP-43が分解できる薬があれば、実質的にALSは治る病気と言えるようになるのかもしれませんね。
重篤な難病ぼリスクに見合った早期臨床応用を実現してもらいたいものです。
2016/01/14(木) 22:37:08 | URL | いのべた #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
>らららんさん

コメントありがとうございます。
国内の研究グループの成果というところもうれしいところですね。
今後の発展に期待です。
動物実験では、細胞内のTDP-43を排除することで可逆的に機能回復がみられたとの報告もありますが、ヒトでもそのようにいくかはわからないですね。
ただ、今後はそのような方向性を目指して研究が進むと思いますので、期待したいところです
2016/01/14(木) 23:02:01 | URL | HIDE #- [ 編集 ]
Re: 確かに期待大ですね!
>いのべたさん

そうですね。臨床試験に結びつくことがまず最初の希望ですね。
資金面などで早期実現に向けてのサポートがあるといいのですが
2016/01/14(木) 23:03:53 | URL | HIDE #- [ 編集 ]
核にせまったニュースのようで、とても期待します。ありがとうございます!

ただ、早く早くという思いのせいか、良いニュースのその後の展開にもどかしい感情を抱くばかりです。
研究者の方々が頑張って頂いているのはわかるのですが。。
2016/01/14(木) 23:08:40 | URL | かきのたね #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
>かきのたねさん

そうですね。
国内の研究グループの成果ですので、さらなる発展を期待したいですね
2016/01/15(金) 23:05:30 | URL | HIDE #- [ 編集 ]
京大病院に通院されてる方
京大病院に通院されてる方、おられましたら
現在の研究、試験の進行状況などご確認頂けないでしょうか。
宜しくお願い致します。
2016/02/22(月) 20:37:37 | URL | いのべた #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.