ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
Ibudilastの臨床試験データが近日公表予定
・ALS NEWS TODAYの12月10日付記事からです

▽MediciNova社が実施中のALSに対するMN-166(idudilast)の有効性に関する臨床試験のデータが2016年1月8日に開催予定の学術会議において公表される予定です。

▽MN-166は経口投与可能なホスホジエステラーゼ4および10阻害薬であり、マクロファージ遊走抑制因子の阻害作用があり、抗神経炎症作用と、神経保護作用が期待されています。

▽この臨床試験は、無作為割付二重盲検プラセボ対照比較試験であり、早期および進行期のALS患者を対象としています。60名の非侵襲的人工換気(NIV)施行中のALS患者と、60名のNIVを受けていないALS患者がエントリーされ、6ヶ月間の二重盲検期間と、それに引き続く6ヶ月間のオープン試験期間からなります。

▽この試験では、筋力や呼吸機能、ALSFRS-Rなどの変化が尺度として用いられています。

引用元
http://alsnewstoday.com/2015/12/10/medicinova-announces-presentation-regarding-clinical-trial-of-mn-166-ibudilast-in-als-at-the-6th-annual-california-als-pac10-and-research-network-meeting-at-ucsd-la-jolla-california/
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.