ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
最終治験中の未承認薬剤へのアクセスが可能に
・麦酒王さんから提供いただいた話題です。
・既に10月3日付の記事でも御紹介していますが、患者申出療養制度の一環として、臨床試験の最終段階にある治験中の薬剤について、優先的に治験に参加できるようにするという制度が来年から動き始めるようです。
元記事
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=126164
・臨床試験の最終段階ということは第3相試験ということかと思われます。ここまでたどりつける薬剤候補も多くはないのですが、つい最近ではメコバラミンあたりでしょうか。メコバラミンについては第2/3相臨床試験が終了していますが、承認申請が却下された場合、追加試験が行われる可能性はあるかと思われます
・麦酒王さん、ありがとうございます。
スポンサーサイト
コメント
コメント
「弧発性ALS(筋萎縮性側索硬化症)の病因に基づく遺伝子治療開発研究」について
遺伝子治療研究所のニュースリリースです。
「ALSに関しては平成28年度中に前臨床試験及び平成29年度中に治験(臨床試験)を開始できる見込みです。」とのこと。

http://www.genetherapy-ri.com/information/category/news#post-212

2015/11/11(水) 12:22:02 | URL | かなくん #- [ 編集 ]
ロボットスーツHAL、日本で医療機器として承認へ
HALが筋ジストロフィーやALSなどの希少性難治性の神経・筋難病疾患に対する「新医療機器」として承認されます。

http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/111101098/?ST=ndh

http://www.cyberdyne.jp/company/PressReleases_detail.html?id=3694
2015/11/11(水) 12:34:49 | URL | かなくん #- [ 編集 ]
Re: 「弧発性ALS(筋萎縮性側索硬化症)の病因に基づく遺伝子治療開発研究」について
>かなくんさん

情報ありがとうございます。
いよいよ具体的なパイプラインが見えてきましたね。
あと2年ですが、一刻も早くと思います
記事にさせていただきます
2015/11/11(水) 23:51:37 | URL | HIDE #- [ 編集 ]
Re: ロボットスーツHAL、日本で医療機器として承認へ
情報ありがとうございます。
今後ALSにとって最適な使用法はどのようなものかが明らかになるといいと思います
2015/11/11(水) 23:54:31 | URL | HIDE #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.