ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
ALS及びアルツハイマー病の発症原因か?
大気汚染物質はグルタミン酸作動性の神経毒性を増強しうる


都市高速道路付近で採取した大気中微粒子(nPM)はNMDAの神経毒性増強などのグルタミン酸作動性メカニズムを介して神経に悪影響を及ぼしうることを示したマウス/ラット実験結果が発表されました。
グルタメート神経のアゴニストであるホモシステイン酸が、認知障害の原因である事を突き止めています。そのホモシステイン酸(HA)の毒性を増強する可能性をこの論文が報告していますが、これは全く考えてみてもいなかった事柄です。驚きです。この論文のまま解釈すると、大気汚染によって、アルツハイマー病の患者は増加する事が予想されます。これは大変な事になります。この大気汚染の影響を取り除く事を考えないと、認知症の患者の増加を抑制できなくなるのではないかと


大脳基底核について(Wiki)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E8%84%B3%E5%9F%BA%E5%BA%95%E6%A0%B8

スポンサーサイト
コメント
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/04/18(月) 21:04:06 | | # [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.