ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
光刺激による直接的な筋収縮の実現
・ALS NEWS TODAYの10月19日付記事からです

▽研究者らは遺伝子組換えモデルマウスでの実験において、光刺激で直接的に骨格筋の筋収縮を誘発し、除神経による筋萎縮を防ぐことを実現しました。この研究結果は、最近のNature Communicaitions誌に掲載されました

▽研究者らは、マウスに、光感受性を有するイオンチャネルの遺伝子を導入しました。このイオンチャネルはchannelrhodopsin-2とよばれ、青色LED光に暴露された際に活性化します。

▽この操作により、神経からのシグナルがなくても、直接的に光刺激により、筋収縮を誘発することに成功しました。その結果、除神経の際に筋萎縮が軽減し、収縮力が増大することが観察されました。

▽完全に除神経された筋肉においても、体表からの1日1時間の光刺激により、筋萎縮を防ぐことができたとのことです。ALSにおいても脱神経の結果、筋萎縮が起こると考えられていることから、除神経モデルと共通する病態があります。

▽今回の発見は、将来的にはALSに対する新たな治療戦略となりうる可能性があり、今後の研究の進展が期待されます

引用元
http://alsnewstoday.com/2015/10/19/new-research-achieves-direct-muscle-activation-led-light/
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.