ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
イタリアでの幹細胞移植の進展
・ALSに対する幹細胞移植といえば、Neuralstem社のNSI-566とBrainstorm社のNurOwnが有名ですが、イタリアでも新たな幹細胞移植の臨床試験が進行中です

▽Revert Onlus AssociationとStem Cell Foundationなどは、GMP準拠した細胞(一定の品質基準をクリアした細胞ということのようです)を用いて、ヒト臍帯血由来の幹細胞移植の有効性を検証する臨床試験を行っています。

▽2012年6月25日よりALS患者18名を対象に、安全性や薬物動態などを検証するための、第1相臨床試験が開始されました。幹細胞は患者の腰髄領域と頸髄領域に移植されます。2015年6月5日に最後の患者への移植が終了しました。

▽現在のところ、重篤な副作用は観察されておらず、合計60-80名の患者が対象となる第2相臨床試験の実施に向けて順調な経過とのことです。

引用元
http://www.alscience.it/#c388
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.