ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
遺伝子治療研究所のパイプライン更新
・いのべたさんよりご提供いただいた話題です。

・遺伝子治療研究所のパイプラインが更新されました。以下のページをご参照ください

http://www.genetherapy-ri.com/wp-content/uploads/2015/09/Pipeline_jp_1509.pdf#view=fitH

・ALSでの臨床試験開始が2017年とあります。早期実現を期待します。

・いのべたさん、ありがとうございました。
スポンサーサイト
コメント
コメント
朗報ですね!
最初に情報が出てから今か今かと待ってましたが、本当に喜ばしいです。
これは進行が進んだ患者でも、申出療養制度の実施により、治験が受けられる可能性が高いと考えてよろしいでしょうか?
いつも、お忙しい中更新ありがとうございます。
2015/10/05(月) 00:40:54 | URL | ゆーすけ #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
>ゆーすけさん
治験に組み込まれる際には、実施主体の判断により、治験そのものに対するエントリー基準が適応されると考えてよいと思います。
もし治験のエントリー基準を外れる場合には、本来の患者申出療養制度の主旨に則り、臨床研究中核病院での倫理審査等を経て、適応が考慮されるものと思われます
2015/10/06(火) 07:57:54 | URL | HIDE #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.