ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
完全麻痺患者がロボットスーツで歩行可能に
・ALS NEWS TODAYの9月3日付記事からです

▽アメリカでは600万人の患者が何らかの麻痺を有しており、うち130万人が脊髄損傷によるものです。カルフォルニア大学(UCLA)の研究者らは今回、脊髄損傷により、4年間完全麻痺であった39歳の男性が、ロボットスーツにより、5日間のトレーニングの後に、自発的に下肢をコントロールし、数千歩の歩行が可能となったことを報告しました

▽今回の報告は、慢性の完全麻痺患者が、自発的にロボットスーツで歩行をコントロールすることで歩行が可能となった最初の症例であるとのことです。ロボットスーツは、新たに開発された非侵襲的な外科手術を要しない脊髄刺激法によりコントロールされます。

▽今回用いられた技法は、バッテリーにより駆動する装着可能なスーツと、非侵襲的な経皮的な電極による脊髄刺激により現実的な歩行動作を可能にするものです。

▽ Ekso Bionics社が今回のロボットスーツの開発を行いました。

・HALもそうですが、今後このような技術の進歩により日常動作上の障壁が解消されることが期待されます

引用元
http://alsnewstoday.com/2015/09/03/completely-paralyzed-man-voluntarily-moves-legs-takes-thousands-steps/
スポンサーサイト
コメント
コメント
神経軸索の伸びる力を生み出す仕組みを発見
以下の記事が出ていました。

http://www.naist.jp/pressrelease/detail_j/topics/2086/
2015/09/08(火) 20:12:40 | URL | かなくん #- [ 編集 ]
Re: 神経軸索の伸びる力を生み出す仕組みを発見
>かなくん さん
こうした基礎研究の進展が、ALSの病態解明や治療につながることが期待されますね。
情報提供ありがとうございます(記事にさせていただきます)
2015/09/08(火) 23:47:04 | URL | HIDE #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.