ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
細胞質からの病的TDP-43除去によるALSモデルマウスの機能回復
▽神経細胞とグリアにおける、細胞質でのリン酸化TDP-43封入体の蓄積と、核内からのTDP-43の喪失はALSと前頭側頭型認知症の病態の特徴です

▽しかし、細胞質におけるTDP-43がどのように病態に関与するのかはよくわかっていません。その一因として妥当な動物モデルが存在しないことがあります

▽研究者らは、ドキシサイクリンによりヒト変異TDP-43の発現を抑制可能な、ヒト変異TDP-43組み込みALSモデルマウスを開発しました。

▽モデルマウスにおいて変異TDP-43が発現すると、運動神経細胞喪失などALS類似の病態が再現されました。

▽一方で、発症後にドキシサイクリン投与し、変異TDP-43発現を抑制したところ、リン酸化TDP-43の減少と、核内のTDP-43濃度の正常化が観察されました。またさらなる運動神経細胞喪失が起こらなくなりました

▽ドキシサイクリン投与後のモデルマウスでは、筋肉の神経支配が増加し、運動機能障害の回復がみられ、生存期間が劇的に延長しました

▽今回開発されたモデルマウスは、病態進展過程、筋肉の脱支配や運動神経細胞喪失などの時間経過を詳細に明らかにすることが可能にするものと思われます。

▽さらに重要なことに、今回の研究結果は、発症後においても、細胞質からの病的TDP-43除去と、TDP-43の核内への正常な局在化は、病態進行を停止し、回復させることが可能な治療的介入となりうることを示唆しています。

(この研究はアメリカ、University of PennsylvaniaのWalkerらにより報告され、平成27年7月22日付のActa Neuropathologica誌に掲載されました)
引用元
http://link.springer.com/article/10.1007/s00401-015-1460-x
スポンサーサイト
コメント
コメント
ドキシサイクリンの投与について
HIDEさん

毎日毎日、本当にありがとうございます。
新しい情報を見ることが心の支えになっています。

今回の情報も期待出来る内容ですね。
もし、論文から読み取れればで結構ですので教えてください。
・ドキシサイクリンは経口摂取ですか?
・ドキシサイクリンにより発現抑制可能なヒト変異TDP−43とは、通常のALS患者のTDP−43とは異なる特殊なTDP−43ということでしょうか?
2015/07/24(金) 07:46:36 | URL | いのべた #- [ 編集 ]
Re: ドキシサイクリンの投与について
>いのべたさん
いつもありがとうございます。
・投与経路については、論文のアブストラクトからはわかりませんでした
・特殊なTDP-43です。ドキシサイクリンに治療効果があるわけではなく、ドキシサイクリンによって人工的に遺伝子の発現をオフにできる特殊な遺伝子組み換えマウスを作成し、検証したとのことです。
2015/07/24(金) 19:52:49 | URL | HIDE #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.