ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
ヒト脂肪由来幹細胞は神経再生を刺激する
▽ALSなどの神経変性疾患に対して、幹細胞を用いて局所神経構造と機能を回復させることは、治療法として有望視されています。脂肪由来幹細胞(ADSC)は培養や増殖が容易であり、抗原性も弱いなどのメリットがあります

▽研究者らは、坐骨神経を損傷したモデルラットを用いて、神経再生過程における、ヒトADSC移植の効果を検証しました。坐骨神経を完全に離断し、自律神経グラフトを移植し、同時に離断部位の遠位部と近位部にヒトADSCを移植しました

▽コントロール群のラットでは、腰髄神経節の感覚神経細胞のグリオーシスとアポトーシスが観察されましたが、移植を行った群では、神経細胞の喪失は少なく、軸索修復を阻害する切断神経腫の形成もわずかでした。離断後のミエリン形成も移植群で良好でした

▽以上の結果は、ヒト脂肪由来幹細胞が脊髄神経節における神経細胞生存を促進し、軸索再生と末梢神経再生を刺激したことを示唆しています

(この研究は、ロシア、Kazan Federal UniversityのMasgutovらにより報告され、平成27年6月6日付のClinical and experimental medicine誌に掲載されました)
引用元
http://link.springer.com/article/10.1007/s10238-015-0364-3
スポンサーサイト
コメント
コメント
メコバラミンやエダラボン等
親に勧めたのですが
少しでも回復するようなものでしたら
試したいですが。
延命だけならあまりやりたくないと
言われてしまいました
苦しむ時間が長くなるだけだと。
2015/06/09(火) 05:15:54 | URL | ジェラード #- [ 編集 ]
すみません先生と親とで相談して
エダラボンを詳しくみてみましょうと
なりました
なんとか良い結果になるよう
がんばりたいです。
2015/06/09(火) 14:40:27 | URL | ジェラード #- [ 編集 ]
>ジェラードさん

診断されたばかりなのでしょうか??
家族としては、焦りや不安でいっぱいですよね。
対処療法や薬が、単なる延命にならぬよう、治療法が見つかるまでの希望であるよう、家族も一緒に知恵を出し合い戦いましょうね
2015/06/10(水) 00:44:40 | URL | かきのたね #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
>ジェラードさん
どのような治療法を選択するかは難しい問題ですね。
QOLを向上させることのできる治療法が望ましいですよね。
その点、メコバラミンなどの副作用がほとんどないと思われる治療法については期待できるものだと思います
(ただし水溶性であまり毒性がないとされるビタミンB群でも、一部においては過剰内服による副作用の報告もあります)
エダラボンも安全性は高いと思われます。
ALSとQOLの問題については、ちょっと調べて、まとまったらまた記事にしてみます。
2015/06/11(木) 23:38:09 | URL | HIDE #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.