ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
InCell Western法によりTDP-43蛋白症の治療薬候補としてHexachloropheneを同定
▽TDP-43はDNAおよびRNA結合蛋白質であり、ALSなどのTDP-43蛋白症の病態に関与していると考えられています

▽研究者らは、TDP-43をターゲットとする薬剤をスクリーニングするため、InCell Western(ICW)法と呼ばれる、細胞内蛋白質の定量化技法を応用しました。

▽合計281種類の薬剤をスクリーニングした結果、hexachlorpheneと呼ばれる薬剤が細胞内TDP-43濃度を減少させることが判明しました。

▽TDP-43濃度減少効果は、N9ミクログリア細胞およびTDP-43を過剰発現するHEK293細胞の2種類の異なる細胞モデルで検証されました。

▽同時にALSに関連した変異を有する細胞モデルにおいても、hexachlorpheneはTDP-43濃度を減少させました。

▽以上の結果は、TDP-43蛋白症に起因するALSなどの病態に対して、hexachlorpheneが治療的に作用する可能性を示唆するもので、今後の治療薬開発に期待されます

(この研究は、アメリカ University of South FloridaのNarayan Mらにより報告され、平成27年5月15日付のJournal of biotechnology誌に掲載されました)
引用元
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0168165615001881
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.