ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
排泄予知ウェアラブル「DFree」
・ペーパーさんからお寄せいただいた情報です
・以下のホームページにて、排泄予知機能を有するとされる装置が開発中で発売予定のようです
https://readyfor.jp/projects/DFree
・実用性や排泄予知の信頼性については不明であり、装置についても臨床的にどの程度有効性が確認されているかの試験データが手元にありませんのでわかりません(そのため現段階で管理人が推奨できるものではありません)。超音波を用いてという記載があるのですが、皮下脂肪が厚かったりすると信頼性に影響するのかどうかなど、疑問点はあります。実際に効果があるものならば、素晴らしいものだと思います。
・ホームページによれば、本体の発送は来年とのことで、今後実際に有効性についての情報が入れば、ご紹介したいと思います
スポンサーサイト
コメント
コメント
「ロボットスーツHAL×iPS細胞」、山海氏が意欲
以下の記事が出ていました。
「幹細胞を使わずに、神経細胞そのものの成長を促進する技術の研究などを進めていることを紹介した。一例が、脊髄を除去したラットにおいて、幹細胞を使わずに神経を接続するというもの。」

http://techon.nikkeibp.co.jp/article/EVENT/20150427/416294/?bpnet
2015/04/30(木) 12:48:54 | URL | かなくん #- [ 編集 ]
血液脳関門通過技術を利用した新薬開発
中枢神経の疾患に効果が見込まれるそうです。


http://www.jcrpharm.co.jp/ir/news.html?id=3444&year=2015
2015/04/30(木) 13:46:02 | URL | いのべた #- [ 編集 ]
Re: 「ロボットスーツHAL×iPS細胞」、山海氏が意欲
> かなくん さん
情報ありがとうございます。
CYBERDYNE社はこのような研究活動もしているのですね。
記事として紹介させていただきます
将来の革新的な成果に期待します
2015/04/30(木) 23:41:08 | URL | HIDE #- [ 編集 ]
Re: 血液脳関門通過技術を利用した新薬開発
>いのべたさん
情報ありがとうございます。
ALSにも応用可能な期待がもてる技術ですね
是非ALSでも研究を進めてほしいと思います
2015/04/30(木) 23:47:27 | URL | HIDE #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.