ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
sphingosine-1-phospate(S1P)の神経保護作用
▽Sphingosine-1-phospate(S1P)は生物活性脂質であり、細胞の増殖や、生存、分化などに関与しています。研究者らは、神経芽細胞に対して、ALSなどでみられる神経細胞変性作用をもたらす物質であるL-BMAAを投与し、S1Pの効果を調べました。

▽その結果、S1Pは、神経細胞の変性を防ぎ、PI3K/AKT経路(ホスファチジルイノシトール3-キナーゼ/Akt経路:生存シグナル経路)が活性化されている状況下において、GSK3(グリコーゲンシンターゼキナーゼ3)の増加を防ぎました。GSK3の抑制は、L-BMAAによる神経細胞の変性を防ぐ効果があることがわかりました。

・以上の結果は、S1Pとそれに関与する経路が、ALSに対する治療法開発の候補となりうる可能性を示唆しています

(この研究は、スペイン Universidad Complutense de MadridのMunoz-Saezらにより報告され、平成27年3月号のNeuroscience Letters誌に掲載されました)
引用元
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0304394015001950
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.