ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
ペプチジルプロリルイソメラーゼAはTDP-43の機能と、リボ核タンパク質におけるTDP-43の複合体形成を支配する
・新たな治療対象候補についての報告です

▽ペプチジルプロリルイソメラーゼA(PPIA)はシクロフィリンAともよばれており、多様な機能を有します。同時にALSにおけるバイオマーカーとしても知られており、ALSおよび前頭側頭型認知症における細胞内凝集体に豊富に含まれています

▽PPIAの中枢神経における正常機能はよくわかっていませんでした。研究者らは今回、PPIAがTDP-43と協働して機能を発揮し、TDP-43 RNAに関連した遺伝子発現を制御し、多様なリボ核タンパク質複合体とTDP-43が集合体を形成する際に必要な蛋白質であることを明らかにしました

▽PPIAとTDP-43との相互作用の乱れが、いくつかのTDP-43に関連した病的状態の原因となることを示唆する結果が得られました。PPIAを除去するとTDP-43の凝集体が形成され、HDAC6やATG7,VCPなど細胞死やオートファジーに関連した遺伝子発現が減少し、SOD1モデルマウスにおいて病態増悪がみられました。

▽今回の結果は、PPIAとTDP-43の相互作用を対象とした、ALSの新たな治療戦略開発の可能性を示唆するものです。

(この研究はイタリア、 Dulbecco Telethon InstituteのLauranzanoらによって報告され、平成27年2月12日付のBrain誌に掲載されました)
引用元
http://brain.oxfordjournals.org/content/early/2015/02/10/brain.awv005.abstract
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.