ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
アストロサイトの研究によりALS治療の基盤となる技術を開発
・平成27年2月2日付のSciencedailyの記事からです

▽中枢神経に存在するアストロサイトとよばれる細胞の機能はこれまでよくわかっていませんでした。今回研究者らは、ヒト幹細胞から神経系の前駆細胞を分化誘導し、それをマウス脊髄に移植することで、アストロサイトに分化させることに成功しました

▽アストロサイトは、ALSにおいて神経細胞の生存を補助し、病態改善効果をもたらすことが期待されています。動物実験では、アストロサイトは健常神経細胞の機能維持と発達、適切な神経系のシグナリングの保持、血液脳関門の形成と維持に重要な役割を果たすことがわかっています

▽これまで、ヒトのアストロサイトについてはよくわかっていませんでした。今回の発見により、ヒトのアストロサイトを研究する有用な手段を手に入れたことになります。

▽ヒト幹細胞から分化誘導し、マウス脊髄に移植されたアストロサイトは、移植後も長期間生着し、マウスのアストロサイトと同じように長距離の遊走を行い、マウスの神経細胞と血管を接合し、神経細胞を機能的に統合しました。

▽マウスに移植したヒトのアストロサイトは正常に機能しました。さらにヒトALS患者より採取した幹細胞より分化させたアストロサイトをマウスに移植したところ、ALSと類似の運動機能の障害を示し、運動神経細胞の変性が観察されました

▽以上の結果は、ALSの病態におけるアストロサイトの重要性を示唆するものであり、幹細胞が治療的に応用できる可能性を示唆するものです

引用元
http://www.sciencedaily.com/releases/2015/02/150202123259.htm
スポンサーサイト
コメント
コメント
ヒトiPS細胞から血液脳関門のモデル作成
脳血液関門のモデルを京大がヒトiPS細胞から作成したという記事がありましたので、シェアさせて下さい。

http://s.news.mynavi.jp/news/2017/02/24/417/index.html

2017/02/25(土) 10:28:15 | URL | 麦酒王 #- [ 編集 ]
Re: ヒトiPS細胞から血液脳関門のモデル作成
>麦酒王さん

情報ありがとうございます。
この分野の進展は目覚しいものですね
病態解明に近づくことが期待されます
2017/02/26(日) 23:52:00 | URL | HIDE #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.