ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
TTBK1/2(Tau Tubulin Kinase)はTDP-43蛋白質凝集を促進する
▽リン酸化したTDP-43の病的凝集は、ALSと前頭側頭型認知症(FTLD-TDP)の特徴的な病態です。

▽神経変性にはリン酸化したTDP-43が関与しており、kinase(リン酸化酵素)の過活性化がALSとFTLD-TDPの特徴と考えられています。

▽研究者らは、TDP-43のリン酸化の特徴を調べるため、線虫ALSモデルを用いてTDP-43のリン酸化酵素について調べました。

▽線虫におけるリン酸化酵素の網羅的遺伝子解析により、TTBK1とTTBK2(tau tubulin kinases 1および2)の相同体を特定しました。これらのリン酸化酵素は、これまでのTDP-43変異モデル動物において、既にTDP-43に関与するリン酸化酵素として報告されていたものです。

▽実験方法の工夫により、研究者らは、TTBK1とTTBK2が、試験管中でTDP-43を直接的にリン酸化することを示し、培養細胞中においてもTDP-43のリン酸化を促進することを示しました。

▽TTBK1/2の過剰発現は、TDP-43のリン酸化と、核内から細胞質封入体中への局在化を促進します。

▽さらに、FTLD-TDP患者の前頭皮質においてTTBK1とTTBK2濃度が上昇しており、ALS患者の脊髄中において、TDP-43とTTBK1、TTBK2が同一部位に局在化していることが判明しました。

▽今回の結果は、これらのリン酸化酵素が、ALSやFTLD-TDPにおける治療ターゲットとなりうる可能性を示唆しています。

(この研究は、アメリカ、University of WashingtonのLiachkoらにより報告され、平成26年12月4日付のPLos Genetics誌に掲載されました)
引用元
http://www.plosgenetics.org/article/info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pgen.1004803
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.