ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
難病ALS 遺伝子解明に成功『広島大学原爆放射線医科学研究所』
難病ALS 遺伝子解明に成功
4月29日 5時11分
全身の筋肉が徐々に動かなくなる難病のALS=筋萎縮性側索硬化症の原因となる遺伝子の解明に、広島大学などのグループが成功し、治療法の開発につながる成果として注目されています。

この研究成果は、広島大学原爆放射線医科学研究所の川上秀史教授などのグループが、アメリカの科学雑誌「ネイチャー」の電子版で29日に発表しました。ALS=筋萎縮性側索硬化症は、神経が異常を引き起こすことで全身の筋肉が徐々に動かなくなり死に至る難病で、根本的な治療法はまだ見つかっていません。川上教授らは、この病気の全体のおよそ10%を占める遺伝性のケースに注目し、家族に共通している遺伝子の異常がないか調べました。その結果、免疫の働きの調節や、がんの増殖などにかかわる「オプチニューリン」というタンパク質を作り出す遺伝子の特定の場所に、配列が入れ替わったり、一部が欠けたりするなど3種類の異常が起きていることを突き止めました。さらに、「オプチニューリン」の異常は、遺伝性ではない症例でも確認され、この異常が病気の原因になっている可能性があるということです。川上教授は「今回の成果はALSの治療薬の開発につながる可能性があり、今後さらに病気の発症メカニズムの解明を進めていきたい」と話しています。

日本や世界の多くの患者様のために早く治療法が見つかることをお願いします。


NHK動画ニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100429/t10014156791000.html

PDFファイル
http://www.rbm.hiroshima-u.ac.jp/file/news/dt20100426_01/epidemiology.pdf
スポンサーサイト
コメント
コメント
大阪市立大の研究
既に皆さんご存知だと思いますが↓↓

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160825-OYTET50020/?catname=news-kaisetsu_news

原因因子として確認できているタンパク質が20もあるなんて、今更ですが、驚愕です。

どれほど複雑で難しい病気か、、、考えただけでゾッとします。

せめて原因が特定して進行を食い止めることができれば…っていつも思ってます。
2016/08/25(木) 19:46:55 | URL | 麦酒王 #- [ 編集 ]
Re: 大阪市立大の研究
>麦酒王さん

情報ありがとうございます。
記事にさせていただきます
2016/08/25(木) 23:25:22 | URL | HIDE #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.