ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
Futsch/MAP1B mRNAはTDP-43の翻訳ターゲットであり、ALSモデルショウジョウバエにおいて神経保護作用を有する
▽TDP-43はALSと関連したRNA結合蛋白質です。TDP-43は、スプライシングや輸送を制御したり、特定のmRNAを、ストレス状況下において形成される、ストレス顆粒に貯蔵する役割を有することが知られています

▽TDP-43は、翻訳因子と相互作用をすることは知られていましたが、蛋白質合成に関与する機能についてはわかっておらず、生体内でどのようなmRNAの蛋白質への翻訳をターゲットにしているかはわかっていませんでした。

▽今回、研究者らは、TDP-43がfutch mRNAと複合体を形成し、ショウジョウバエの神経筋接合部におけるfutch遺伝子発現を制御していることを明らかにしました。

▽TDP-43誘発性蛋白質症(TDP-43蛋白質症についてはこちらのリンクをご参照ください)では、モデル動物の神経筋接合部において、futsch mRNA発現量が、運動神経細胞体内と比較して有意に減少しており、一方運動神経細胞体内では、健常モデルと比較して、futsch遺伝子の翻訳が増加していることがわかりました。

▽TDP-43は、神経筋接合部におけるFutsch蛋白質発現量の有意な減少をもたらすことがわかりました。ポリソーム(mRNAを蛋白質に翻訳するリボソームが1本mRNA上で連なったもの)分画法に定量的PCR法を組み合わせた解析により、TDP-43は、futsch mRNAを、翻訳活性化状態のポリソームから、翻訳不活性状態のリボ核蛋白質粒子に変化させる働きを有することがわかりました。このことは、TDP-43は、futsch mRNAを局在化させるだけではなく、futsch mRNAの翻訳活性も制御することを意味しています。

▽さらに研究者らは、futsch蛋白質の過剰発現は、TDP-43蛋白質の凝集を抑制し、微小管とシナプスの安定化作用により、神経筋接合部の異常と、ALS様の運動異常を改善し、神経保護作用を有することを示しました。

▽Futsch蛋白質の、哺乳類における類似体である、MAP1B蛋白質の、ALS患者の脊髄における局在化の様式は、ショウジョウバエALSモデルの運動神経細胞において観察されたものと同様でした。

▽これらの結果は、微小管依存のメカニズムが、TDP-43により引き起こされる運動神経疾患の病態に関与していることを示唆するものと思われます。

(この研究はアメリカ University of ArizonaのCoyneらにより、平成26年11月26日付のJournal of Neuroscience誌に掲載されました)
引用元
http://www.jneurosci.org/content/34/48/15962.abstract
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.