ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201703
オーダーメード治療に向けて
・ALSの推定される病態機序に対する治療薬候補をまとめた表が、この論文に掲載されていました。以下に改変した表を示します。
病態毎の治療薬候補

・表中の物質については、臨床試験で有効性が確認できなかったものも含まれます。しかし、有効性が期待できるサブグループがあるのではないかと、著者らは述べています。
・著者らは将来的には、臨床試験を行う場合にも、遺伝子レベルで患者を分類し、有効性を検証すべきではないかと述べています。
・conclusionに記載されている”the future is bright”の一文が心強いですね

(この総説は、アメリカ Northwestern UniversityのOzdinlerらによって、2014年10月8日付のACS medicinal chemistry letters 誌に掲載されました)

引用元
http://pubs.acs.org/doi/pdf/10.1021/ml500404b
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.