ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
ALSの原因としての蛋白凝集異常について
▽蛋白質の構造の微細な変化を捉える物理化学的技法により、ALSの原因として蛋白質の凝集異常が関与している可能性が報告されました。

▽平成26年10月14日付けのProceedings of the National Academy of Science誌などに掲載された結果によると、電子スピン共鳴法とよばれる分子構造の解析技術により、変異したSOD1蛋白質の構造が調べられました。

▽SOD1蛋白質は、細胞にとって有害作用を有するフリーラジカルを除去する抗酸化作用を有しており、SOD1蛋白質の変異により、細胞が酸化ストレスに対して脆弱となるため、神経細胞の変性がおきると考えられてきました。
今回の結果は、ALSの病態仮説に新たな仮説を加えるものです。

▽変異SOD1蛋白質を電子スピン共鳴法により観察した結果、蛋白質の構造が変化し、蛋白質分子の運動が増加していることがわかりました。
さらにX線構造解析法により、変異SOD1蛋白質では、凝集がおきやすくなっていることが判明しました。
この凝集が、細胞毒性を発揮するのではないかとのことです。

▽これまで、変異したSOD1蛋白質と、正常SOD1蛋白質の機能的な差異について、研究がなされてきましたが、両者で性質がほぼ同じであることがわかっていました。
しかし、今回の報告により、変異SOD1蛋白質と、正常SOD1蛋白質との間に決定的な違いがあることが判明しました。
変異SOD1蛋白質では、分子運動が劇的に変化し、凝集しやすくなっていることが示されました。

▽この凝集のしやすさの程度と、ALSの重症度との間に関連性があることもわかりました。
SOD1蛋白質の凝集のしやすさに注目した新たな治療戦略の開発につながるかもしれません。

(この結果はBrian Craneらにより平成26年10月14日付けのProceedings of the National Academy of Sciences誌に掲載されました)
スポンサーサイト
コメント
コメント
はやり凝集っすね、、、
HIDEさん、連日ありがとうございます。

締めくくりで、"...conclusions point to the possibility of ALS being more linked to toxicity of aggregation (凝集)and perhaps less about the effect of the mutations (突然変異)on SOD1 activit..." って記されていますが、TDP43の凝集説と表現が重なっている気がしますね。

その後続けて、"ALS is a late-onset disease, with people being affected in mid to late life. Sporadic mutations in SOD1 arise from natural processes, but it's not really clear if they're actually going to generate the disease or not,"って終わっちゃうのが残念ですが、、、、。

SOD1そのものが突然変異を起こす事でALSを発症すると考えるならば、それはあまりに突然すぎる、、、、と説くのもなるほど納得です。SOD1の蛋白質構造そのものが不安定となり、SOD1が凝集する、、、、この凝集が毒性となり得る、という研究結果のようですが、蛋白質分子の運動増加現象を"Breathing"と表現されているのが興味深いです。

凝集のプロセスを食い止める=病気の進行を止めるとすると、"a critical copper-contained enzyme that protects cells against oxidative damage by destroying free radicals"とあるように、銅が抗酸化作用に重要な役割を果たすことになりませんか。
2014/10/25(土) 19:14:55 | URL | 麦酒王 #- [ 編集 ]
>麦酒王さん
コメントありがとうございます。
確かにTDP43でもそのような説がありましたね。
今回の報告を少し詳しく解説したサイトの情報によるとSOD1蛋白質は二量体を形成し、2個の銅イオンと配位結合しているようです。
銅イオンはSOD1蛋白質が機能する際に補因子として機能しますので、銅イオンが重要な役割を果たすのは間違いないですね。
この銅イオンを観測し、変異SOD1蛋白質は銅を失いやすいことがわかったようです。
有効な治療手段の開発につながるといいなと思います。

2014/10/25(土) 23:43:31 | URL | HIDE #- [ 編集 ]
有り難うございます
HIDE さん
サイトを引き継いでくださり
有り難うございます

このサイトは希望です
2014/10/26(日) 10:18:59 | URL | ARPU #- [ 編集 ]
Re: 有り難うございます
>APRUさん
コメントありがとうございます。
少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。
よろしくお願いいたします
2014/10/27(月) 22:11:45 | URL | HIDE #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.