ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
Brainstorm社、イスラエルでの第2a相治験結果の中間報告
[抜粋]
Brainstorm社は同社がエルサレムのHadssah医療センターで行っている第2a相治験について、ヨーロッパ神経学会議にて中間発表を行った。予備的効果確認と安全性確認がおこなわれ、いづれも前回の臨床試験と一貫してよい結果が得られた。前回のI/II相治験と今回の第IIa相治験を通して26名のALS患者にNurOwnが処方されたことになる。

主任研究員であるDimitrios Karussis教授は現在続行中である第IIa相治験の14人中10名の分析結果の要約を発表した。最後の4人は6ヶ月間の経過観察が完了してから分析される。NurOwnを処方された26名のうち誰にも、治療行為による重大な副作用は確認されなかった。治療前3ヶ月間の観察期間に71%の患者に神経機能低下による病気の進行が確認された。それに対して、脊髄または脊髄および筋肉にNurOwnを処方後3ヶ月間の63%の患者に神経機能(ALSFRS-R)の安定または改善が見られた。

前のI/II相治験にても、筋肉注射のみを行ったグループの改善は局所のみに限られたものであったが、筋肉と脊髄、または脊髄のみに処方を行ったグループには改善が見られた。

[原文]http://www.brainstorm-cell.com/index.php/news-a-events/302-june-2-2014


[投書のお願い]
海外、特にアメリカにおいてALSを含む難病の治療法の研究が急速に進んでいますが、日本には海外の新薬や新治療法に対する参入障壁があり、日本の患者はそれを利用できなかったり、数年遅れでなければ治療を受けられない可能性があります。この障壁を撤去していただくため、皆様一人一人に投書をお願いしています。ご協力ください。
http://alexkazu.blog112.fc2.com/blog-entry-332.html
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.