ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
神経変性の症状、頭痛薬で抑制 名古屋大研究チームが発見
Alexkazuさんからの情報です

頭痛治療薬「ナラトリプタン」がたんぱく質の一種「CGRP1」を減少させ、筋萎縮などを引き起こす神経変性疾患の症状を抑えることを、名古屋大大学院医学系研究科の祖父江元教授(神経内科学)らの研究チームが突き止め、1日に米医学誌ネイチャーメディシン電子版に発表した。


 祖父江教授は「他の神経変性疾患への応用が期待できる」としている。
 神経変性疾患は神経細胞の内外にたんぱく質が異常蓄積して細胞が障害を起こし死ぬことで起こる。
研究チームは今回、疾患の一つで男性のみに発症し、筋力低下や筋萎縮を引き起こす「球脊髄性筋萎縮症(SBMA)」に注目した。
 SBMAを発症させたマウスの遺伝子を解析すると、CGRP1が通常より増加していた。体内でCGRP1が作られないよう遺伝子を改変したSBMAのマウスは症状が改善した。
 チームはさらに人間の培養細胞に複数の薬を投与して効果を調査。
その結果、ナラトリプタンを投与すると約5日後にCGRP1が半減するなど効果がみられた。
SBMAを発症したマウスにナラトリプタンを投与すると、歩行機能や握力、生存期間で改善がみられたという。
 祖父江教授は「CGRP1は人間が通常持っているたんぱく質だが、異常蓄積することで細胞に障害を起こす新たな働きを発見できた」と説明している。

[詳細]nature medicine
http://www.nature.com/nm/journal/v18/n10/full/nm.2932.html


[投書のお願い]
海外、特にアメリカにおいてALSを含む難病の治療法の研究が急速に進んでいますが、日本には海外の新薬や新治療法に対する参入障壁があり、日本の患者はそれを利用できなかったり、数年遅れでなければ治療を受けられない可能性があります。この障壁を撤去していただくため、皆様一人一人に投書をお願いしています。ご協力ください。
http://alexkazu.blog112.fc2.com/blog-entry-332.html
スポンサーサイト
コメント
コメント
名古屋大学
私の父が、名古屋大学病院で、ALSを診てもらってます。

今回の頭痛薬をぜひ試してみたいと思っているのですが、いくら、名古屋大学病院の患者だからといって、担当医に頼むのは
無駄な話なのでしょうか?

こういう場所で、こんな質問して、すみません。素人考えで、申し訳ないのですが、日々歩けなくなっていく父を見るのが辛いです。
藁をも掴む気持ちです。
2014/06/10(火) 03:37:41 | URL | くみちゃん #- [ 編集 ]
くみちゃんさん
神経変性症関連の成果が出ているため掲載しましたが、この薬がALSに効果があるかどうかは分かりません。
簡単で、かつ効果が出ているのが炭水化物の過剰摂取です。
http://www.nutritio.net/linkdediet/news/FMPro?-db=NEWS.fp5&-Format=detail.htm&kibanID=43552&-lay=lay&-Find
私の母で効果が出ています。
ただし、同じ炭水化物でもトレハロースで効果が出ているとの研究があったため、うちではトレハロースを与えています
http://alexkazu.blog112.fc2.com/blog-entry-328.html

下記に詳細を記載しています。
http://alexkazu.blog112.fc2.com/blog-entry-396.html

試して見てください
2014/06/10(火) 08:48:46 | URL | Zenigata #Qi8cNrCA [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/06/10(火) 12:10:15 | | # [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.