ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
「脳」のシミに緑茶の効果
緑茶に含まれるカテキンの一種EGCGが,アミロイドという繊維状のタンパク質の凝集を阻止する効果を持つことが新たな実験で示された。このタンパク質が脳で凝集してプラークを形成することが,アルツハイマー病など神経変性疾患の発症に関与していると考えられている。この実験でEGCGは,銅,鉄,亜鉛を含むアミロイド凝集物の形成を防ぐだけでなく,既に形成された凝集物の構造を破壊した。今後はEGCGを脳で作用するよう調整し,プラーク形成抑制効果についてショウジョウバエを使った実験で検証する予定だという。(吉田素子)
http://medieigo.com/articles/-/1033
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.