ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
Zenigataさんからイスラエルでの治療の情報です。
Zenigataさん!いつもありがとうございます。多くの皆さんが心待ちにしている情報です。
本当に助かります。

ご無沙汰しています。実は働きながら通信大学院に通って(?)おり、授業が始まると時間が無くなって反応できなくなります。すいません。
ところで、イスラエルは医療ツーリズムの国です。日本の医療レベルは非常に高いので皆さん外国に行く事はあまり考えませんが、医療レベルの低い国からはお金持ちが大挙してイスラエルに行くようです。ロシア人などはかなり行っているようです。ですので、イスラエルは外国からの患者は大歓迎ですし受け入れ態勢もあります。この病院、Hadassah Medical Centerも医療ツーリズムの受け入れをしています。おそらくここが最初にNurOwnの一般治療を始めると思いますので皆でツアーを組みましょう!日本人が大挙していけば日本語対応もしてくれるでしょう。
ちなみに、イスラエルへは直接飛ぶよりヨーロッパ経由した方が若干安そうです。



Zenigataさんからのブレインストーム細胞治療社臨床試験情報です。
--------------------------------
神経変性症に対する成人幹細胞治療法の先端開発者であるブレインストーム細胞治療社が、同社の第2相治験(分量増量試験)において最初の患者の治療を開始したと発表した。この治験はブレインストーム社のNurOwn幹細胞候補治療法の安全性と予備的効果確認を目的としており、エルサレムのハダッサ医療センターで行われている。
第2a相治験では、患者4名のグループ3組に筋肉と鞘内に増量されたNurOwn細胞を処方する。最初のグループの治療は2013年4月末までに完了する予定である。治験参加患者は移植後3ヶ月から6ヶ月観察される。
ブレインストームのCEOであるアロン・ナタソンは「この治験における最初の患者の治療を開始できて大変嬉しく思います。優れた安全性と勇気が沸くようなポジティブな結果が1/2相治験で得られるでしょう」とコメントした。
「この治験では、ALS患者に対する安全性に対するだけでなく、違う分量においてのNurOwnの能力についてのデータを取得する予定です。」同社の主席科学アドバイザーであるダニ・オフェン氏が追加した。
イスラエルの健康省は、12人の患者で最近ハダッサで行われた同社の第1/2相治験のポジティブな安全評価の結果に基づき、ブレインストーム社の第2a相治験を許可したばかりである。

スポンサーサイト
コメント
コメント
Alexkazuさん
こんばんは!

この内容はAlexkazuさんが2月11日に掲載されていた下記のものです。
http://www.news-medical.net/news/20130205/BrainStorm-initiates-NurOwn-Phase-IIa-dose-escalating-trial-in-ALS.aspx
翻訳文もつけていらっしゃいましたが多分機械翻訳だと思いましたので、へたくそながら、私の翻訳を送信させていただきました。

ちょっとだけ訂正させてください。
「同社の第2相治験(分量増量試験)において最初の患者の治療を開始したと発表した。」
の中の「第2相治験」は「第2a相治験」の間違いです。すいません。
ではでは!
2013/02/24(日) 08:34:01 | URL | Zenigata #- [ 編集 ]
こんにちは♪

貴重な情報いつもありがとうございます。
イスラエルの治療法は他の幹細胞治療と違うのでしょうか。
ともあれ、治験の結果を期待しましょう!!

テルアビブまで最安で往復約15万かあ。
意外と許容範囲内です(苦笑)
あとは治安と距離が・・・(汗)


Zenigataさんにも感謝いたします☆
2013/02/24(日) 17:43:22 | URL | style-TK #JalddpaA [ 編集 ]
style-TKさん

はじめまして、ブログを時々拝見しています。
実は知人がイスラエルに在住しており、治安などの状況は聞いています。イスラエルは軍事とセキュリティー技術が世界一なので、特定地域外に居るときは、あの紛争エリアに居る事がわからない程、平和だそうです。しかし、物凄く暑いそうです。

私は飛行機代よりも治療費が問題になると思います。日本にも保険外診療でガン患者を対象にした免疫細胞移植があります。免疫細胞を本人から採取し、増殖させてから本人に打ち返すものですが、私が見つけたものは1クールで200万円近い金額が掲示されていました。実際にはNurOwnがどのような金額になるのかはわかりませんが、日本で保険診療が始まるまでは経済的に苦しい立ち回りを強いられると思います。しかし、効果の怪しいサプリなどに月10-20万円を費やす事を考えると、この治療一回で1-2年持つなら我慢するしかないのかもしれません。

しかし神経幹細胞移植の研究はかなりたくさん行われているので、NurOwnの後続は多いと思います(NeuralStem社など)。治療費は後続の認可が下りるとともに下降していくと私は予想しています。
日本の保険診療開始まで早くて7-8年かかるのではないでしょうか。
それまでは我慢ですね。
2013/02/24(日) 23:10:59 | URL | Zenigata #- [ 編集 ]
style-TKさん

>イスラエルの治療法は他の幹細胞治療と違うのでしょうか。

いくつも神経幹細胞移植の研究が行われており、それぞれに工夫があるようです。NurOwnの良いところは、これが世界第1号になりそうだと言うところです。また人体実験的に治療を受けた、歩行不能で会話困難だった人がクリアに話し、階段を上っている様子がイスラエルのニュース番組で放映されています。
しかし、NurOwnに限らず、動物実験レベルでかなりの効果が出ている神経幹細胞移植ベースの治療法がいくつもあるようです。
(これらの情報は過去に投稿させていただいています)
2013/02/24(日) 23:22:54 | URL | Zenigata #- [ 編集 ]
Zenigataさん

早速のお返事ありがとうございます。

そうですね、治療費の方が気になります。
1クールで数百万払って、どれくらいの期間効果が持続するのか・・・。
ホント、一刻も早く国内での保険診療開始を望みます。
2013/02/26(火) 15:16:20 | URL | style-TK #JalddpaA [ 編集 ]
Zenigataさん !フォローありがとうございます。現在、仕事が忙しく家にも帰る日が殆ど無く、寝る暇がありません。コメントしたいのですが・・・今は・・・眠たいです。本日はおやすみなさい
2013/02/26(火) 20:01:07 | URL | AlexKazu #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.