ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
Zenigataさんからの情報
Zenigataさんからの情報です。非常に助かります。

下記はNurOwnで紹介したRabiです。
言語能力を奪われ、車いすから立ち上がれなくなっていたとのことですが、御覧の通りイスラエルのニュース番組中でクリアに話し歩行しています。治療4カ月後の状態です。
http://www.youtube.com/watch?v=oImcvUbCPdQ
スポンサーサイト
コメント
コメント
Alexkazuさん

ビデオの中で「まだこの研究は初期段階であり、完成されたものではなく、これがALSの突破口になるかどうかを語るのもまだ時期尚早」と何度も述べられています。反面、Rabiへの実験治療の結果はご覧のとおりで、この方式の治療方法は神経難病全体への治療方法として期待する記事がいくつもでています。
2013/01/30(水) 09:46:22 | URL | Zenigata #- [ 編集 ]
こんにちは、Zenigataさん

まだまだと思いますが・・・しかし希望の光が見えたのが非常に嬉しいです。また情報がありましたら宜しくお願いします。
2013/01/30(水) 18:07:21 | URL | Alexkazu #- [ 編集 ]
日本の神経幹細胞療法
Alexkazuさん、

先週、日本に帰国し、ALS宣告を受けた母を見舞ってきました。一緒に京都大学病院の診察に行って、NurOwnの情報を担当医の先生にお話ししましたところ、「まだ治験段階には至らないが国内(おそらく京大)でも類似の研究をしている」との事でした。

なんといっても国内で、保険診療で治療を受けられるのがベストです。早くその日が来て欲しいです。そして世界のiPS総本山である我らが京大には是非頑張っていただきたいです。(iPS細胞の大量生産技術開発の進歩のニュースが最近マイナビニュースにいくつか出ていましたね)

確かにALSは既に「希望の無い病気」ではなくなったのかもしれませんね。ネバーギブアップです!世界をあまねく照らすにはまだかもしれませんが、私にはあと2年以内に朝日が昇るような気がしています。
2013/02/07(木) 18:56:43 | URL | Zenigata #- [ 編集 ]
Zenigataさん!こんにちは、いつも情報を頂きありがとうございます。多くの患者の皆様も楽しみにしております。
僕は当初から諦めないでください。絶対に治る病気ですと言い続けております。2年以内には確実に朝日は昇る考えておりますが、近々朝日がチラッと!見えると考えております。Zenigataさんがいらっしゃるお陰で非常に感謝致します。PS:最近、仕事が忙しく家に帰れない場合が多いので・・・ご了承ください。
2013/02/07(木) 19:26:01 | URL | Alexkazu #- [ 編集 ]
Alexkazuさん

私も忙しくて反応できず申し訳ありません。また身に余るお言葉ありがとうございます。
NurOwnが神経幹細胞移植治療の最前線を走っていますが、神経幹細胞移植治療法には後続がたくさん居そうです。
確かに夜明けの薄明は見えていますね!
2013/02/24(日) 09:44:01 | URL | Zenigata #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.