ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
カプサイシンを投与にて筋肥大を促進し筋萎縮を軽減、筋萎縮の治療に期待
唐辛子の成分カプサイシンに筋肉の肥大を促し、萎縮を抑える効果があると、国立精神・神経医療研究センターなどのチームが発表した。マウス実験で見つけた。寝たきりや骨折、がんや糖尿病などさまざまな疾患で生じる筋萎縮の治療薬につながる可能性がある。米医学誌ネイチャーメディシンの1月号に掲載された。

リハビリや筋トレで筋肉が肥大することは経験的に知られるが、仕組みは謎だった。チームは筋ジストロフィーの原因となるたんぱく質「ジストロフィン」に注目。細胞内を調べた結果、筋肉に大きな負担がかかると、一酸化窒素を合成する酵素の働きが活発化するとともに、カルシウムイオン濃度が高くなって筋肉が肥大することが分かった。カルシウムイオン濃度はカプサイシンと結合する分子が調整役を担うことも判明した。
マウスに1日1~2回、1週間にわたってカプサイシンを筋肉注射すると、未注射のマウスに比べ筋肉量が約15%増えた。人工的に筋萎縮させたマウスの脚にも同様の頻度で注射すると、萎縮率が約20%軽減した。同センターの武田伸一・遺伝子疾患治療研究部長は「安全性の確認が必要で、直ちに人に適用できないが、新薬の開発を模索したい」と話す。

毎日新聞 2013年01月22日
http://mainichi.jp/select/news/20130122mog00m040007000c.html
国立精神・神経医療研究センター プレスリリース
http://www.ncnp.go.jp/press/press_release121203.html
スポンサーサイト
コメント
コメント
こんにちわ。いいニュースが続きますが早く、私たちの手の届く薬ができますように。。キムチを食べて待ってます。ただカプサイシンは脳細胞にはあまり良くないとの話もききましたが。。どうなんでしょう。。
2013/01/22(火) 17:20:05 | URL | kiyo #- [ 編集 ]
kiyoさん!こんにちは、返事が遅れてすみません。殆ど家に帰ることが少ないし、疲れて・・・。キムチを食べても治ると思いません。理由としては、韓国にもALS患者が多いし、当然キムチを食べております。ん~?
2013/01/23(水) 20:51:25 | URL | Alexkazu #- [ 編集 ]
本当に、良いニュースが多いのに、具体化しませんね~

一日も早く、病状を止めて、治して欲しいですね!
2013/01/23(水) 23:07:40 | URL | サタママ #- [ 編集 ]
神経幹細胞移植(修正情報)
前回、神経幹細胞移植について、近未来情報のようにお伝えしましたが、既に治験に突入していましたので修正させていただきます。

1)イスラエルBrainStorm社”NurOwn"
Advancedと診断されたRabiが車椅子から立ち上がり階段も上るようになったと書いた薬ですが、薬ではなくて神経幹細胞療法だそうです。イスラエルでⅡa相治験に突入し、アメリカでⅡ相を今年予定していますが、治験の提供エリアを米国内で拡大するそうです。
http://alsn.mda.org/news/als-stem-cell-trial-israel-accelerated

2)Neuralstem社、NSI-566
これも神経幹細胞移植療法で、FDAのⅡ相治験の許可が待ち状態だそうです。またメキシコでは2013年第一四半期からⅠ/Ⅱ相治験を開始するとの事。
http://www.neuralstem.com/cell-therapy-for-als

神経幹細胞移植の場合、治験の期間が短そうです比較的早期に実戦投入されそうですね。しかも効果がありそうな気がします。

私は母を連れてアメリカに行こうかなどと考え始めています:)
2013/01/26(土) 05:53:18 | URL | Zenigata #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.