ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
滋賀医科大学分子神経科学研究センター神経難病治療学分野(新着情報)
ALSの病原タンパクの一つであるTDP-43のRRM2ドメイン内の特定のアミノ酸が、同蛋白質の構造維持とDNA/RNA結合に重要であり、ALS病態に関することを示した、京都大学、兵庫医科大学、和歌山県立医科大学との共同研究成果がPLOS ONE誌にオンライン掲載されました。小代さん、井戸さんが中心になって進めた研究です。

滋賀医科大学 分子神経科学研究センター神経難病治療学分野
http://www.shiga-med.ac.jp/~uru/
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.