ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
肥満状態の肝臓でのインスリンの働きの低下は不良タンパク質の分解の異常が原因
肥満状態の肝臓でインスリンの働きが低下しているのは、細胞内の品質不良なタンパク質を分解する装置の異常が原因であることを、金大の研究チームが4日までに解明した。インスリンの働きの低下は、メタボリック症候群や糖尿病を促進する原因の一つとされており、今回の発見が新たな治療法の開発につながることが期待される。
 インスリンは、糖の吸収やエネルギーの蓄積に重要な役割を担うホルモンで、体内の血糖値を低下させる。
栄養の取りすぎや肥満がインスリンの働きを妨げることは知られているが、その仕組みは解明されていなかった。
 研究チームはマウスと細胞による実験を実施。肥満状態の肝臓では、細胞内の品質不良なタンパク質を分解する装置「プロテアソーム」の機能が低下。品質不良なタンパク質が分解されずに、細胞内のタンパク質合成を担う「小胞体」に蓄積され、インスリンの働きを妨げていることを証明した。小胞体に蓄積された不良なタンパク質の質を改善すると、インスリンの働きが向上することも確かめた。
 医薬保健研究域医学系の篁俊成(たかむらとしなり)准教授、金子周一教授らによる研究で、成果は3日付の米国糖尿病学会誌電子版に掲載された。

金沢大学プレスリリース
http://www.kanazawa-u.ac.jp/university/administration/prstrategy/eacanthus/1212/04.html

神経細胞内メカニズム(京都大学医学研究科臨床神経学)
プロテアソームと神経疾患について判りやすく書いてあります。ぜひ見てください。
http://www.neurol.med.kyoto-u.ac.jp/brainenvironment/J/conference/c20111005/pdf/no2.pdf
スポンサーサイト
コメント
コメント
はじめまして
私には50歳になるALSの母がいます。
父の知人にALSのips細胞に素付いた薬の開発をしてる京大メンバーの方がいて後は国の許可待ちだと話は聞いているのですが、それがいつなのかわかりません。
母は今瞬きのセンサーでパソコン操作してますが、なかなか上手くコミュニケーションが取れずイライラしているようです。
私は色々考えました。カシューナッツの殻の成分に神経を再生させるモノが含まれてると聞いたのでそれを粉末状にして胃ろうで食事を摂ってる中にこっそり入れてみようとか...あと本人のおしっこもイイとか...
なにもしてやれないことが悔しくて...
ところで、この記事を読むと、肥満の人(肝臓に脂肪が付いている人)が必要なタンパク質が行き届かずALSになりやすいってことですか?
難しくてよくわかりません。
母は確かに肥満ぎみだったと思いますし、私も痩せているとは言えません。
でも、肝臓に脂肪が付いてる人なんてたくさんいますよね?


2012/12/16(日) 12:00:02 | URL | おくだ しほ #hRRlEULE [ 編集 ]
こんにちは、おくだしほさん

返事が遅れてすみません。僕もALSのiPS細胞による新薬は国の許可待ちと聞いております。また他の大学や研究機関からも別のアプローチから新薬の開発も進んでいます。年内にお~!と、思えるニュースが出ればなお嬉しいです。肝臓は、身体の中で大切な化学工場です。プロテアソームは、タンパク質の分解を行う巨大な酵素複合体です。ただ肥満や脂肪肝であったとしてもALS発症にはつながりにくいと考えます。でも健康な状態に保つことが肝要です。
2012/12/18(火) 23:07:27 | URL | Alexkazu #- [ 編集 ]
昨年8月のアナカルジン酸?
はじめまして、母が先週金曜日にALSの告知を受けました。昨年8月にiPS細胞を使ってアナカルジン酸をシーズとして発見した報道がありましたが、確か5年を目標に開発すると言う話だったと思います。なのであと4年半と少し後にできればいいな・・と言うレベルの話かと思っていましたが、もう既に第1相試験の準備完了と言う事でしょうか?
だとすると凄いですね?アメリカなどでは難病指定の薬は日本と違って1年くらいで許可が下りるような話を小耳に挟みましたが、そういったルートもつかってくれれば来年位には・・・輸入できるのでしょうか?
いくらなんでも気が早すぎですよね・・・
2013/01/15(火) 08:55:55 | URL | Zenigata #TjCvSSL6 [ 編集 ]
こんにちは、Zenigata !!
僕もアメリカだと1年くらいで許可が下りると聞いております。アメリカで新薬が発売されたら、様々なルートを使い薬を買いましょう。多少気が早いかもしれませんが、その日は近づいております。諦めずに頑張りましょう。
2013/01/16(水) 09:20:12 | URL | Alexkazu #- [ 編集 ]
FDAの承認平均が1年程度・・・
最近のFDAの承認に要する期間が平均で1年程度、AIDSの薬については107日で承認したと言う記述をみました。昨年8月初めのiPS由来の薬の申請が厚生省に既に行われているのであれば、当然FDAにも同時に行われていそうですね。そうすると本当に1年程度でアメリカでは入手可能になりそうですね。そうすればドンドン輸入するしかないですね。
逆に東北大のHGFの治験は一向に進んでいない感じがします。早く良い薬が出て欲しいです!
2013/01/18(金) 06:39:44 | URL | Zenigata #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.