ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
慶応大、iPS細胞から完全な神経 試験管内で
慶応大学の岡野栄之教授らは人体の様々な組織になるiPS細胞を試験管の中で完全な神経に育てる実験に成功した。体の外で作った神経としては極めて複雑な構造をしており、体内にある本物の神経網に近づいた。試験管で神経を培養できる利点は大きい。神経が壊れる難病の仕組みを間近で解明し、画期的な新薬の開発が進む。
 作製した神経は電線の被膜のようにミエリンと呼ぶたんぱく質が神経線維に巻き付き、信号を正しく伝える構造になっていた。
 脳や脊髄の中枢神経は脳から手足などに信号を届けたり、末端からの刺激を中枢に送ったりする。ミエリンを失うと信号が伝わりにくく、運動障害が出る多発性硬化症をはじめ多くの病気になる。原因を調べたくても、体内の神経を詳しく解析するのは限界があった。
 神経はいったん衰えると自然には再生しないとされ、再生医療の大きな目標の一つになっている。これまでは複雑に入り組んだ構造を再現できず、完全な神経を作れていない。
 研究チームは健康な人から提供を受けた皮膚をもとにiPS細胞を作り、神経のもととなる神経幹細胞に60日間かけて育てた。さらに40日間培養して成熟させたところ、神経線維の周りを包むように20周ものミエリンの層ができ、完全な神経に育ったという。電子顕微鏡で観察した。複数の細胞の成長を制御できたとみている。
 今後は同じ手法で病気の人のiPS細胞から神経を作り、正常な神経と構造が違うかどうか調べて病気の原因に迫る。治療薬の候補物質を試し、神経の異常が改善するかも検証できる。
 国内外の再生医療研究ではiPS細胞を様々な組織や臓器に変えて、ケガや病気で失った患部を治す動物実験が急速に進んでいる。人ではこれからだが、研究室では肝臓の細胞や血小板などができている。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.