ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
ヒトES細胞からALS疾患モデルを作製し、病状再現に成功:病態の解明や治療薬の開発に期待
正常な運動神経細胞(左)と、ALSの症状を再現した神経細胞。枝状に伸びる神経突起の形状に乱れがある=饗庭一博京都大講師提供
 筋萎縮性側索硬化症(ALS)の症状を再現する細胞を、ヒトES(胚性幹)細胞から作ることに京都大物質―細胞統合システム拠点の中辻憲夫教授や饗庭一博講師らのグループが成功した。ALSの発症メカニズムの解明や治療薬の開発に近づく大きな成果で、米科学誌ステム・セルズ・トランスレーショナル・メディシンで9日発表する。
 ヒトES細胞に、遺伝性のALSで原因の一つとなる遺伝子(変異型SOD1遺伝子)を導入して強く働かせた上で、運動神経細胞と、神経細胞の突起を支持したり機能を維持するために働く細胞(アストロサイト)に分化させることに成功した。
 正常な運動神経細胞と比べ神経突起の太さが定まらず、アストロサイトの機能異常によって運動神経細胞も死滅しやすくなり、ALSが発症した運動神経細胞の形状や性質を再現することができた。
 運動神経細胞とアストロサイトをあわせてALSの症状を再現したのは、iPS(人工多能性幹)細胞も含めて世界初という。
 中辻教授は「遺伝性のALS以外でも、SOD遺伝子の働きの異常がALS発症と関連があることが分かってきており、今回開発したモデルはALSの治療に大きく役立つと期待される」と話している。
 【筋萎縮性側索硬化症(ALS)】 運動神経細胞が変性、消失していく神経難病。全身が動かなくなり、自力で呼吸が困難になると人工呼吸器の装着が必要となる。遺伝性と孤発性があり、遺伝性の約2割は活性酸素を無毒化する遺伝子SOD1の変異が原因となる。

京都大学プレスリリース
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2012/120509_2.htm

Amyotrophic Lateral Sclerosis Model Derived from Human Embryonic Stem Cells Overexpressing Mutant Superoxide Dismutase 1
http://stemcellstm.alphamedpress.org/content/early/2012/05/07/sctm.2011-0061.abstract?sid=601aa5e1-2337-4d7d-aea1-f9ac300f50ca
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.