ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201703
小胞被覆形成におけるユビキチンの役割
皆さん!こんにちは、ALSの治療薬に関する知見が発表されました。

小胞体で新たに合成されたタンパク質はCOPII被覆を持つ小胞に詰め込まれ、ゴルジ体へ輸送される。COPII小胞は直径が約60〜80 nmだが、一部の小胞は300 nmにもなるコラーゲン繊維などの大きな積荷タンパク質を収容するためにサイズを大きくする必要がある。今回、M Rapeたちは、ユビキチンリガーゼCUL3–KLHL12がCOPII被覆形成の調節因子であることを明らかにしている。CUL3–KLHL12は、COPIIの構成因子であるSEC31のモノユビキチン化を触媒し、大きなCOPII被覆の構築を促進する。したがって、モノユビキチン化はCOPII小胞のサイズと機能を制御していることになる。タンパク質輸送は、治療への利用が期待される細胞機能であり、この研究はタンパク質輸送における重要な事象について新たな知見をもたらすものだ。


また以前、名古屋大学大学院医学系研究科神経内科 祖父江教授よりユビキチンに関する報告もありますので一緒に読んで頂ければ幸いです。難しいですが・・・
http://w3serv.nagoya-u.ac.jp/coemed/jp/members/2009/post/
http://www.rouninken.jp/member/pdf/15_pdf/vol.15_08-18-05.pdf
http://www.neurology-jp.org/Journal/public_pdf/048110970.pdf
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.