ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
イメージしたとおり義手が動く世界初の技術
脳卒中患者らの頭蓋内から直接、脳波を計測して意思を読み取り、ロボットハンド(義手)を意思通りに動かすことに大阪大脳神経外科の吉峰俊樹教授、平田雅之特任准教授らの研究グループが成功した。
 腕の動かない患者が頭の中でイメージした「握る・曲げる」などの動作を、高い確率で義手でも同じようにできたという。3日の米国神経学会誌「神経学紀要」の電子版で掲載される。
 脳と機械を結び、相互に作用させるBMI(ブレーン・マシン・インターフェース)の技術を応用する。対象は脳卒中やてんかんなどの患者12人(13~66歳)で、うち7人は腕の一部または全部に運動まひが残る。
 2007年夏から今春にかけて、患者の頭頂部付近の大脳表面で、手や腕の動きに関係する部位「運動野」を中心に薄いシート状の電極を貼り付けた。その後、患者に「円柱状の包帯を握る」「ひじを曲げる」などの動作をイメージしてもらったり、実際に腕を動かしてもらったりしながら脳波を電極で計測。分析装置を通して脳波の違いから動きを判別し、6~9割の確率で、ほぼ同時に同じ動きを義手で再現できた。

Yahooニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111103-00000172-yom-sci
ブレイン・マシン・インターフェースを用いた脳機能再建の研究
http://www.nsurg.med.osaka-u.ac.jp/school/research/research.html

凄い!でも一日でも早い治療薬を必要としています。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.