ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
ALSとともに生きる際にポジティブな考え方をいかにもつか
・ALS NEWS TODAYの6月20日付記事からです

▽ALS当事者からの寄稿です。

▽診断当初は不安でいっぱいでしたが、ポジティブ心理学の専門家からいくつかの考え方のコツを教わり、役に立ちました。それらのうちいくつかを紹介します

▽疾患について可能な限り多くの情報を学ぶ:正しい知識を身につけることにより、不合理な恐怖を払拭することができます。どのような選択枝があるのか、どのようなことに備えるべきかを知り、いくつかのもしもの場合のプランを考え、誰に相談すべきかを知っておくことは、偶発的な出来事に対処する際に役立ちます

▽マインドフルネスと感謝の練習をする:マインドフルであることを学ぶことは、あなたの考えを今にとどめることを意味します。このことにより過去やもしものシナリオの中でさまようことを防ぎます。感謝の気持ちは、自然におこりうる良い出来事への注意を高めます。

▽楽観的な人々に囲まれる:介助者や家族、友人たちは皆あなたの気分に影響します。ポジティブな影響のある人のそばですごしましょう

▽自分がどう感じているかをみつめる:3つの質問を自分に投げかける習慣をつけましょう。「何を感じているか」「何が必要か」「誰が助けになるか」です。例えば、「のどが渇いている」「飲み物がほしい」「介助者に伝えよう」という具合です。このことにより思考を現在にとどめ、自身の健康に関する重要なサインを見落とすことを防ぐことができます

引用元
https://alsnewstoday.com/2017/06/20/how-to-have-a-positive-mindset-while-living-with-als/
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.