ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
新規臨床試験情報(MIROCALS:低用量IL-2)
・フランスでの新規臨床試験情報です。

・フランスでALSに対する第2相臨床試験が予定されており、低用量IL-2の有効性などを検証するものです。

・プラセボ対照の二重盲検で行われ合計216名がエントリー予定となっています。18ヶ月間の予定で、リルゾール投与群、低用量IL-2投与群、プラセボ群で比較されます

・2017年4月から開始予定となっています

引用元
https://clinicaltrials.gov/show/NCT03039673
スポンサーサイト
コメント
コメント
京大など、神経難病の一端解明 iPS細胞使い /iPSから神経細胞、1週間で作製 慶大
以下の2記事が出ていました。

研究チームはこの病気のメカニズムは、国内に約9000人の患者がいるALSなどの他の神経難病とも関係しているとみている。発症するメカニズムが分かれば、様々な神経難病の治療方法の開発で有効な手立てを探れる。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG15H0O_V10C17A2CR0000/

全身の筋肉が衰えるALS(筋萎縮性側索硬化症)などの患者から作ったiPS細胞を数多く神経細胞に育てることで、発症の仕組みなどに迫れると期待している。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG13HGT_T10C17A2CR8000/
2017/02/15(水) 11:57:16 | URL | かなくん #- [ 編集 ]
Re: 京大など、神経難病の一端解明 iPS細胞使い /iPSから神経細胞、1週間で作製 慶大
>かなくん さん

情報ありがとうございます
記事として紹介させていただきます
2017/02/16(木) 22:49:47 | URL | HIDE #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.