ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
ペランパネル第2相試験追記
・1月14日付の当ブログ記事(http://alexkazu.blog112.fc2.com/blog-date-20170114.html)にてご紹介した東京医科大学でのペランパネルの第2相試験ですが、UMIN-CTRでも詳細情報が掲載されました

・以下となります
https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr/ctr_view.cgi?recptno=R000029464

・東大の郭研究室のHPからもリンクされていることから、昨年来予定されていた臨床試験と思われます
スポンサーサイト
コメント
コメント
HIDE様
いつもありがとうございます。
ペランパネルを試していらっしゃる方々はALSの主治医以外の医師(別の医療機関)から薬を処方してもらってるのでしょうか?
添付文書を見ると、腎機能肝機能をはじめ、医師の管理下でないと危険のある薬剤のようですよね。
治験以上にオウンリスクで飲んでらっしゃるんだと思いますが、服薬中の体調管理などどうされていらっしゃるのでしょう?
2017/02/09(木) 21:22:45 | URL | らららん #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
>らららんさん

過去のコメント欄からは、自由診療での処方を受ける形が多いと思われます。
この場合、処方を受けた医療機関においては、定期的な血液検査などの検査も、自由診療での全額自己負担となりますので、多くの費用がかかります。ですので、別の医療機関で、検査を受ける必要が生じます。
また、ペランパネルは、抗てんかん薬として、血中濃度の測定対象薬剤となりますので、本来であれば定期的な血中濃度測定が望ましいと思われます。
2017/02/12(日) 21:41:17 | URL | HIDE #- [ 編集 ]
HIDE様
ありがとうございます。
やはり、適切な管理下で無いと危険ですよね。

仕事柄、仲良くしていただいている脳神経外科の先生がいらっしゃるので、相談してみようかと思っていたのですが、迷惑かけるのも申し訳ないので、まずは主治医に治験の件を聞いてみます。
2017/02/13(月) 14:35:10 | URL | らららん #- [ 編集 ]
東京医科大のHP
治験は全国10施設で行われること、募集方法などは3月中に公表予定であること、用量を変更しなければリルゾールやエダラボンとの併用が可能であること、などが記されています。

http://team.tokyo-med.ac.jp/shinkeinaika/clinical/index.html
2017/02/14(火) 14:00:43 | URL | まっしゃー #- [ 編集 ]
まっしゃー様
ありがとうございます。

10施設ですか…
来週、診察日なので、主治医にしつこく聞いてみます。
2017/02/14(火) 14:31:15 | URL | らららん #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.