ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
新規臨床試験情報(ペランパネル)
・平成29年1月10日にペランパネルの第2相試験が開始予定となりました(まだ募集は開始されていません)。東京医科大学などが中心となり行われるようです。

・プラセボ対照二重盲検試験で行われ、合計60名を対象に48週間施行される予定です。

・投薬群は2群に分けられ、1群は4mg/dayを目標に2-4mgで調整され、もう1群は8mg/dayを目標に、2-8mgで用量調整される予定です

・投薬開始前3ヶ月間、ALSFRS-Rの変化率が観察される予定です。

・エントリー基準は以下です
(1)40-78歳の男女ALS患者で同意能力のある方(筆記できなくても、代理人による署名が可能であれば可)
(2)臨床的にdefinite ALSもしくはprobable ALSもしくはprobable-laboratory supported ALS(El Escorial改訂Airlie House診断基準による)
(3)ALSFRS-Rの3つの呼吸機能に関する尺度の合計点が12点以上
(4)同意取得時点で発症から2年以内であること
(5)臨床試験実施施設に外来通院可能なこと

・除外基準は以下です
(1)気切後の方
(2)NIPPVを受けている方
(3)%FVCが80%以下の方
(4)進行性の球麻痺型の方
(5)過去ないし現在ペランパネル投与歴のある方
(6)肝疾患のある方
以下略、などとなっています

引用元
https://clinicaltrials.gov/show/NCT03019419
スポンサーサイト
コメント
コメント
遂にというか、ようやくといった感じですが、
こちらのブログの訪問者さんの方が遥かに早くペランパネルを試していましたね。
2017/01/16(月) 22:38:05 | URL | 師匠 #LkZag.iM [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.