ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
SOD1変異ALSモデルマウスに対するメチレンブルー投与による神経筋機能の保持
▽SOD1変異ALSモデルマウスにおいては、最初期の形態学的および機能的な障害は、四肢の速筋を支配する運動神経末端に現れます。

▽今回研究者らは、発症後のモデルマウスの末梢筋組織に局所的にメチレンブルーを投与することにより、治療的効果があるかどうかを検証しました。

▽メチレンブルーはミトコンドリア保護作用を有すると考えられており、発症後のモデルマウスの後肢の前部筋区画に対して注入されました。病態進行期まで注入継続され、進行期における筋力などが検査されました。

▽その結果、注入側の筋肉においては、収縮力が非注入側と比較して100%程度、増加していました。筋終板の神経支配率も注入側で約65%であり、非注入側の35%より多い結果でした。

▽以上の結果は、メチレンブルーの末梢への注入が神経筋構造および機能の保持に有効である可能性を示唆するものです。

(この研究はアメリカ、University of Miami Miller School of MedicineのTalbotらにより報告され、平成28年12月のExperimental Neurology誌に公表予定です)

スポンサーサイト
コメント
コメント
無題
今臨床試験中の薬で、ひでさんが、もっとも効果があると思う薬は飲なんでしょうか!それが、奇跡的に早期承認される可能性はあるのでしょうか!今のals患者には、時間がないのです!お願いします!
2016/11/01(火) 23:27:15 | URL | 倉持 #Vw3fgwu. [ 編集 ]
Re: 無題
>倉持さん

現段階で臨床試験の結果が出てきているもので、一番有望なのはBrainstormのNurOwnではないでしょうか。
はっきりとした結果が公表されたわけではないのですが、アメリカでの第2相臨床試験の結果は期待できる印象です
ただ、第2相試験までは小規模であり、確定的なことはいえず、第3相試験で結果が覆ることは珍しくありませんので、まだ慎重になる必要があります。
第3相試験も準備中とのことですので、早期の進展を期待したいところです

2016/11/02(水) 23:30:57 | URL | HIDE #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.