ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
ヘキソキナーゼIのN末端由来ペプチドはSOD1とVDAC1との相互作用を阻害し病態改善効果をもたらす
▽VDAC1(Voltage Dependent Anion Channel isoform 1)はミトコンドリア外膜に存在し、SOD1蛋白質の結合部位であり、同時にヘキソキナーゼI(HK1)の受容体でもあります。

▽研究者らは、変異SOD1蛋白質のVDAC1への結合がミトコンドリア機能異常をもたらす一方で、HK1が変異SOD1蛋白質と競合し、VDAC1への結合を阻害することをみいだしました

▽HK1蛋白質のN末端由来のペプチド(NHK1)を用い、ALSの細胞モデルであるNSC34細胞に投与したところ、NHK1投与は、変異SOD1蛋白質のVDAC1への結合を阻害し、細胞の機能回復をもたらしました

▽以上の結果は、NHK1がSOD1変異ALSにおいて治療的に有用である可能性を示唆しており、その他の蛋白症に起因した病態においても有用な治療戦略となりうる可能性を示唆するものです

(この研究は、イタリア、University of CataniaのMagriらにより報告され、平成28年10月10日付のScientific Reports誌に掲載されました)
スポンサーサイト
コメント
コメント
ALS対象の新しい呼吸理学療法機器
新たな呼吸理学療法としてLIC(*2)(Lung insufflation capacity)機能を有するLIC TRAINER(エルアイシートレーナー)の開発が終了し、9月16日より販売提供を開始しました。
私は使用しています。限界まで肺に空気が入ります。
なお、バックバルブ(http://item.rakuten.co.jp/shopdeclinic/mmi-502-029-96/)は別売りです。

http://www.ncnp.go.jp/press/release.html?no=122
http://carter-tech.jp/portfolio/
2016/10/12(水) 12:12:55 | URL | かなくん #- [ 編集 ]
Re: ALS対象の新しい呼吸理学療法機器
>かなくん さん

情報ありがとうございます。
記事として紹介させていただきます
2016/10/13(木) 00:24:24 | URL | HIDE #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.