ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
骨髄単核球移植はALSモデルマウスの発症遅延と生存期間延長効果をもたらす
▽ALSにおいて、細胞移植治療は運動神経喪失を抑制し、ミクロ環境を回復させる手段として注目されています。

▽今回、研究者らは、SOD1変異ALSモデルマウスを用いて、骨髄単核球移植の有効性を検証しました。骨髄単核球は緑色蛍光蛋白質(EGFP)遺伝子組み換えマウスおよびSOD1変異モデルマウスから採取されました

▽その結果、いずれのモデルマウスから採取した骨髄単核球でも、発症前に移植した場合、発症遅延と生存期間の延長がみられました。発症後時間がたってからの移植では、臨床的に有意な変化はあまりみられませんでした。

▽発症前の早期からの骨髄単核球移植は、病態改善効果を有する可能性があり、今後の検証が期待されます

(この研究はブラジル、Instituto do Cérebro do Rio Grande do Sul のVenturinらにより報告され、平成28年9月22日付のNeuroscience Letter誌に掲載されました)
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.