ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
サメのヒレと肉に含まれる神経毒性物質への警鐘
・ALS NEWS TODAYの8月30日付記事からです

▽最新号のToxin誌に掲載された論文において、サメに含まれる神経毒性物質に対する警告が発せられています。

▽サメは食物連鎖の上位に位置しており、海洋毒性物質や水銀などの蓄積のリスクがあります。サメのヒレや軟骨においてはシアノバクテリア毒素であるBMAAの蓄積が報告されており、BMAAはALSとの関連性が報告されている物質です。

▽今回研究者らは、世界各地のサメからのサンプルを採取し、BMAA濃度、水銀濃度を測定しました。その結果BMAAが測定濃度以下であったのは、55サンプル中わずか7つであり、水銀濃度についても0.05から13.23 ng/mgであり、注意を要する状況であったとのことです。

▽研究者らは、これらの結果をもとに、サメを食用とすることに対して注意喚起をしています

引用元
https://alsnewstoday.com/2016/08/30/neurotoxins-shark-fins-meat-linked-als-other-neurodegenerative-diseases
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.